トピックス TOPICS

教育研究 2015.10.22

大阪市受託若者層男女共同参画啓発事業「若者のためのライフデザイン支援事業」に本学プロジェクトが採択

 2015年10月15日、大阪市受託の若者層男女共同参画啓発事業として、大学コンソーシアム大阪(府内44大学加盟)が公募をおこなった「若者のためのライフデザイン支援事業」に、本学のプロジェクトが採択されました。
 本学では、女性が自立して生きるための素養を培いキャリア形成の基盤を作る「Be磨女プロジェクト」等、女性キャリア教育に積極的に取り組んでおり、昨年度に続き2年連続の採択となります。

2015年度のテーマは「男女で共に考える新しい働き方と生き方」

 今年度採択された「大阪経済法科大学ワーク・ライフ・キャリア開発プロジェクト」は「男女で共に考える新しい働き方と生き方」をテーマとしており、STAGEⅠ(HOP)では夫婦間・家族内での支援、STAGEⅡ(STEP)では職場・組織における支援、TAGEⅢ(JUMP)では地域・行政と、ステージを上りながら多角的に男女共同参画の在り方を考えていきます。
 企画提案の際には、プロジェクト代表の経済学部3回生・加屋本翔君(深瀬ゼミ)がプレゼンテーションに臨み、見事に重責を果たしてくれました。
04「株式会社アクセプト社様よりの講評」
05「女性管理者セミナーにおける報告」

市民公開フォーラムも開催し、延べ800人の参加動員を目指す

 今後は、2016年3月上旬までの日程で、経済学部の深瀬ゼミ・山路ゼミによる共同企画事業として、企業へのヒアリング調査やワークショップを活発に実施していき、学生と共に学外での一般市民公開フォーラム開催も企画しながら、延べ人数800名の参加動員を目指していきます。また、取組の結果についても「大学コンソーシアム大阪」の加盟大学に向けて情報発信していく予定です。
01「加屋本翔の研究報告」
02「パネルディスカッションでのコメント」
03「ポスター報告フラッシュスピーチ」

このページを他の人と共有する