トピックス TOPICS

留学・国際交流 2015.09.24

ジャカルタ国立大学代表団が本学を訪問~両大学間の教育・学術交流と友好関係の更なる発展を目指して~

 9月18日(金)、インドネシアを代表する国立大学の一つで、本学の海外協定校であるジャカルタ国立大学のDJAALI LAFIU BADARU(ドウジャリ ラフィウ バダル)学長を団長とする同大学代表団が本学を訪問しました。

 今回の代表団は、バダル学長以下、三人の副学長と大学院長、7学部の学部長など総勢27名です。インドネシアの「ろうけつ染め」布地であるバティック製のシャツや民族衣装を身にまとって本学を訪れたゲストたちを、藤本和貴夫学長、能塚副学長、岩村副学長が温かく迎えました。

本学学長団との会談を実施

 学長同士の会談では、今年7月20日に成立した大学間協定に基づき、今後の両大学の交流をいかに発展させるかに活発な意見交換が行われました。学生の交流と交換以外にも、教職員の相互訪問や両大学の研究者による共同研究など、意欲的な提案が双方より行われました。

このページを他の人と共有する