トピックス TOPICS

教育研究 2015.07.01

<BLP河内木綿プロジェクト>オープンキャンパスで河内木綿プロジェクトを紹介

 本学では、リーディングカンパニーへの就職を見据え、PBL(Project / Problem Based Learning:プロジェクト / 課題解決型学修)をとおして、高度なビジネス知識や実践力を身につけることを目標としたBLP(ビジネスリーダープログラム)を実施しています。
 この一環として行われている河内木綿プロジェクトでは、地元八尾市の伝統品である河内木綿を学生の新しい発想で現代に復活させ、世界に発信し地域に貢献していく活動を行っています。プロジェクトの学生から寄せられたレポートをもとに、彼らの取組の様子をご紹介します。


 6月21日(日)に開催されたオープンキャンパスのゼミ紹介企画で、河内木綿プロジェクトの紹介を行いました。河内木綿プロジェクトでは、パワーポイントを使ったプレゼンや実際に河内木綿を糸にする糸繰り体験など、高校生に楽しんでいただけるような企画を実施しました。

河内木綿藍染紋様、製品化への道のりと、糸繰り体験

 活動紹介のひとつとして、河内木綿の製品化についての説明を行いました。
 第1弾河内木綿プロジェクト製品企画として、NPO法人河内木綿藍染保存会さまと共同開発した、河内木綿藍染紋様製品の紹介を行いました。製品化するまでのプロセスを実物の製品を使いながら説明し、製品化に向けて、大変だったことや工夫したことを話しました。また、河内木綿の今後の発展に向けて高校生と意見を交わし、新しい企画のアイディアをたくさんいただきました。
 糸繰り体験では、高校生に伝統文化を直に体験していただき、河内木綿の良さを伝えることができました。現在、河内木綿の糸繰り作業を継承している技術者が少ない中、私たち河内木綿プロジェクトメンバーは、NPO法人ニッポンバラタナゴ高安研究会の方から糸繰りの技術を教えていただき、その技術を高校生に紹介しています。

河内木綿の発展のために

 今回のオープンキャンパスを通じて、多くの方に河内木綿を知っていただくことが出来ました。
 河内木綿や伝統文化について意見を交わすことで、私たちも学ぶことが多く、良い刺激を受けました。これからも河内木綿が発展していくように頑張っていきたいと思います。
 Facebookでも活動の紹介をしているので、よろしければ覗いてみて下さい。

このページを他の人と共有する