トピックス TOPICS

留学・国際交流 2015.04.20

2015年度第1回TOEIC® IPを実施、約80名が語学力向上や海外留学を目指して受験

 本学では、グローバル人材の育成を目指して、学生の外国語運用能力、コミュニケーション能力の向上に向けた様々な取組を行っています。在学生を対象とするTOEIC® IPの実施もその一環。2014年度には約300人の学生が本学で実施したTOEIC® IPに挑みました。
 2015年度初めてのTOEIC® IPが4月15日、八尾駅前・花岡の両キャンパスで実施され、約80名の学生が同試験に挑みました。今年度からは、入学したばかりの1年生も挑戦できるとあって、この時期としては例年よりも多くの学生が受験することとなりました。
 「現在の英語力を測り課題をみつけたい」、「高得点を取って留学奨学金をゲットしたい」、「大学入学を機に、とにかく何かに挑戦したい」など、受験動機は様々。試験が始まると、全員一様に答案用紙に向かって鉛筆を走らせていました。

TOEIC® IPは海外留学への第一歩

 本学では、充実した奨学金制度で、学生たちの海外留学をバックアップしています。「国際教育プログラム」のSTAGE2に配置されている「LSP」(Language Study Program:海外協定校への1セメスター語学留学)では、留学希望者全員が奨学金を申請しますが、その採用結果もTOEIC®スコア次第。昨年度、同プログラムで英語圏の協定校に派遣された22人の学生内、実に18人が大学からの奨学金をもらって留学しました。

英語圏留学コースの学生はTOEIC® IPの受験料が免除

 外国語選択で「英語圏留学コース」を選択し採用された学生は、入学後1年間のTOEIC® IP受験料が免除されます。同試験は、4月、7月、1月の年3回実施されるもので、留学コース生はそのすべての受験料が免除されます。もちろん、留学コース生でなくても受験は自由、受験料も一部免除される場合もあるので、まずは国際部(花岡キャンパスE号館1階)に足を運んでください。
 英語はグローバル化する現代社会の必須ともいえるスキルの一つ。避けて通ることはできません。結果を見て、「もっと頑張ろう」と思うか、「これなら留学に行ける」と思うか、すべては君次第。チャンスは目の前にあります。勇気をもってチャレンジしてください。

このページを他の人と共有する