トピックス TOPICS

教育研究 2015.03.31

大阪市内の中学校・高校に「出前授業」!

 本学の学生たちが、大阪市内の中学校・高校で「素敵な人間関係づくり」をテーマにした“出前授業”を実施しました。
 これは日本ピア・サポート学会大阪支部が主催するもので、2月に行われた作戦会議の内容を踏まえ、2015年2月~3月の5日間にかけて実施したものです。本学からは15名の学生が参加し、「リレーション作り」「デートDV」について授業を行いました。

「人は人に助けられる中で人とつながり成長する」

 学生たちは相手を尊重する関係を築くことの大切さを、中学生や高校生にわかりやすく理解してもらうために、試行錯誤しながら、授業内容を工夫して当日に挑みました。
 学生たちはそれぞれの得意分野を活かしつつ、お互いに助け合い、自身の課題を克服しようと積極的に立ち向かう姿がみられました。

人は人を支援する中で、人とつながり成長する!

 出前授業を受けた生徒たちからは、「これからは相談されたらちゃんと話を聞いてあげたいと思う」「誰かの支えとなれるような人になりたい」「相手や気持ちや意見を尊重することが大切と思った」などの感想が寄せられ、「大学生に教えてもらえて、わかりやすかった」といった感想もありました。

「人は人と共に成すことで人とつながり成長する」

 出前授業を終えた学生たちは、今回の経験による成果や課題について意見交換を行いました。授業を経験して「逃げ出したくなるほどの緊張から、つぶれそうでしたが、思いのほか、楽しむこともできた」「相手の意見を尊重し、人間関係を大切にすることがDV防止に繋がることをしっかり伝えられた」といった感想が述べられたほか、「同じテーマについて説明するにしても、中学生と高校生ではそれぞれ説明の仕方に工夫を加えないと理解が深まらないことを実感した」など、教育的な経験を得たことが伺えるコメントもありました。
 今回の経験で得たものを、これからの学生生活の中でぜひ活かしてほしいと思います。

このページを他の人と共有する