トピックス TOPICS

教育研究 2015.01.28

「経営実践」の受講生たちが地元商店街でイベントを開催

 本学では、体験学習を通じて、経営戦略、マーケティング、会計、グループのなかでの意思決定や、リーダーシップなどビジネスの基礎を学ぶ科目として「経営実践」を開講しています。その中の一つである、服部正志講師の担当クラスでは、商店街の活性化やまちの魅力発信をテーマに、まちづくりの事業を企画・実行する取組が行われています。
 1月17日(土)・18日(日)、その取組の集大成として、八尾駅前キャンパスから程近い商店街「ペントモール八尾」のご協力のもと、子どもたちが楽しめる参加型イベント「TSUNAGI(つなぎ)2015」が開催されました。

企画を進める中で感じた“難しさ”、そして乗り越えるための努力

 学生たちが企画したイベント「TSUNAGI(つなぎ)2015」は、商店街を訪れるファミリー層に、“和みの空間”を楽しんでもらうことがコンセプト。受講生たちは、具体的なアイデアを練るために、実際に「ペントモール八尾」を巡り、何が必要かをディスカッションするなど、入念な準備を行いました。また、八尾市議会議員の方にも企画をプレゼンテーションし、アドバイスを頂くなど、一般的な講義では経験できない貴重な体験を行いました。
 一方で、チラシの配布や予算の確保、交渉など、これまで経験したことのない様々な事柄に苦労するなど、周囲を巻き込んで企画を実現させることの難しさを肌身で感じる場面も。しかし、諦める事なく、自分たちで不足している知識を勉強して補ったり、様々な分野の教職員に指導を仰ぐなどして、積極的に課題解決を図り、イベント実現に向けた準備を着実に進めていきました。

イベント当日、地元FM局からも取材が

 「TSUNAGI(つなぎ)2015」当日、ペントモール八尾内にあるイベント会場で、ハンドメイドアクセサリーの販売展示や、オリジナルアクセサリーの手作り体験、ゲームコーナーなどの企画が開催されました。
 初日である17日(土)は天候に恵まれない中でのスタートではありましたが、多くの方にご来場頂いたほか、地元コミュニティFM「FMちゃお」からも取材を受けました。
 現場生中継でのインタビューを受ける学生たち。企画実現までの過程や、このイベントを行おうと思ったきっかけなど、レポーターの方が投げかける様々な質問に対して、様々な交渉を経てコミュニケーション能力を発揮して、堂々と応える姿が印象的でした。
 翌18目(日)は天候にも恵まれ、初日以上にたくさんの方に来場していただくことができました。田中誠太八尾市長にも会場にお越し頂きました(写真右)。
 また、来場した子どもたちからも「楽しかった」という声が寄せられ、学生たちは苦労の甲斐あって無事イベントを実現でき、来場者の方々からも好意的な評価を頂けたことに非常に満足した様子でした。

服飾専門学校の学生ともコラボレーション

 「TSUNAGI(つなぎ)2015」の開催に際しては、上田安子服飾専門学校の学生さんたちにも、オリジナル商品の販売展示や、ツイストバンドの手作り体験などで協力していただきました。
 将来、自分のファッションブランド設立を目指しているなど、服飾のプロを目指す学生さんたちとの交流も、学生にとって良い刺激となったようです。

このページを他の人と共有する