トピックス TOPICS

留学・国際交流 2014.12.06

留学生日本語学習サークルが「日本語能力試験強化合宿」を実施!

 11月28日、本学の日本語学習サークル「J-Land」が主催する「日本語能力試験強化合宿」が阪南キャンパスで実施され、教職員、留学生、日本人学生スタッフなど約40名が参加しました。
 今回の合宿は、12月7日の「日本語能力試験」直前の試験対策として実施されたもので、参加者全員がN2以上の合格を目指して2泊3日の猛勉強に挑みました。同試験は、聴解と文字・語彙・文法・読解の言語知識を測るもので、留学生にとっては必須資格ともいえます。合宿では、模擬試験や過去問題の答案などの試験対策を行うと同時に、1日に6コマの授業を受けるなど、大変なものでしたが、学生たちは必死に机に向かい、真剣な表情で問題を解いていました。

試験対策に交流会、周辺散策

 合宿は、1日目の「模擬試験」、2日目の「試験対策、交流会、試験対策」3日目の「模擬試験、解答」の流れで行われました。ハードな日程と緊張感の中、学生達の顔にも疲れが見え始めるとキャンパス周辺散策や交流会を通じて気分転換。すると、学生達の顔に笑顔が戻り、気持ちを切り替えて再び机に向かうことができました。最終日の模擬試験が最後の関門です。教職員と日本人学生スタッフからの労いと激励の言葉に留学生たちが顔をほころばせ、合宿は無事終了しました。

先輩たちからのサポート

 毎年の恒例ですが、合宿にはボランティアスタッフとして日本人学生や留学生の先輩達も参加し、食事の準備や、買い出し等、様々なサポートを提供してくれます。今回の合宿は、「試験合格」への意欲と自信の形成だけでなく、学友たちと目標を共有すること、「人」と「人」との繋がりのありがたさを感じる機会にもなったことでしょう。次回の日本語能力試験は12月7日です。留学生の皆さんの健闘を祈ります!

このページを他の人と共有する