トピックス TOPICS

教育研究 2014.12.01

法学部科目「21世紀日本の議会と行政」で内藤耕一八尾市議会議員による特別講義を実施

 11月26日(水)、法学部専門科目「21世紀日本の議会と行政」では、内藤耕一八尾市議会議員による特別講義「八尾市議会での活動と役割」を実施しました。この特別講義には、本学八尾駅前キャンパス[オーバル]にて、学生・教職員のほか市民の方々など約40名が参加しました。
 内藤議員は本学経済学部出身で、八尾市議会議員として3期目を務めておられます。特別講義では、まず八尾市議会の構成、年間スケジュール、各常設委員会の活動について紹介していただきました。そして、待機児童の解消と幼保連携・一体化、およびガン検診などを地域における様々な課題を例に挙げて、実際の議員活動の様子を解説していただきました。
 特別講義の締めくくりとして、後輩たちには「山積する様々な社会問題を解決するために、政治に興味を持って欲しい」とアドバイスされました。

このページを他の人と共有する