トピックス TOPICS

教育研究 2014.12.15

BLP特別演習&京都老舗茶屋の協働による「製品プロモ企画プロジェクト」最終プレゼン会を開催

 12月12日、本学の「BLP(ビジネスリーダープログラム)特別演習」と京都の老舗茶屋「株式会社カネ七畠山製茶」の協働による製品プロモーション企画プロジェクトの最終プレゼン会が行われました。

※「BLP(ビジネスリーダープログラム)」は、PBL(Project / Problem Based Learning:プロジェクト / 課題解決型学修)をとおして、ビジネス知識と実践力を身につけるためのプログラムです。

販路拡大のためのプロモーションを企画

 このプロジェクトは、「株式会社カネ七畠山製茶」が運営する「京都ほっこり庵七之進」の製品である宇治茶フレーバーティーバッグ「舞妓ちゃん」BOXの販路拡大のためのプロモーションを企画するというものです。
 このプロジェクトは、実践的な教育の場を提供して人材育成を目指すNPO法人JAEの協力を得て企画されました。
 (10月10日に行われたキックオフミーティングの様子はこちらをご覧ください

4チームからの報告

 最終プレゼンでは、4チームが企画を発表しました。各チームは、11月14日に行った中間プレゼンで指摘された事項を見直すために、実際にアンケートを実施したり、インタビュー調査を行ったり、店舗と交渉したりして、より深く企画を練り直しました。企画は、「14種類あるフレーバーのそれぞれの魅力を伝えるメニューを作成する」や、「具体的な店舗やWeb上などにおける販路を充実させる」という内容で、各チーム熱を込めて発表しました。

最終プレゼン結果

 最も優れた発表として、チームOGTが提案した「SNSで舞妓ちゃん販路開拓」が選ばれました。チームOGTには、「京都ほっこり庵七之進」の運営責任者でTEAアーティストである畠山友晴氏より、賞状と副賞が手渡されました。表彰されたチームのメンバーは、とても誇らしげな顔をしていました。提案された内容は、今後実現に向けて検討が行われます。
 本学では「BLP」をはじめとする実学教育を充実させることで、学生に実践的な力を身につけさせることに努めています。

このページを他の人と共有する