トピックス TOPICS

教育研究 2014.10.10

法学部専門科目「21世紀日本の議会と行政」で八尾市議会・八尾市役所見学を実施

 10月8日(水)、法学部専門科目「21世紀日本の議会と行政」では受講生30名が、授業担当の伍躍(ご やく)法学部教授引率のもと、学外見学を実施し、八尾市議会と八尾市役所を見学しました。

“八尾市が求めている職員像”

 受講生たちはまず、八尾市役所で、職員の方より地方自治体が行う行政の内容を解説していただき、ご自身の市職員採用後の経験をもとに、“八尾市が求めている職員像”にも触れて頂きました。本学では、Sコースなどの公務員試験対策を充実させている事もあり、卒業後の進路として公務員を志している学生も多数います。現職公務員の方による様々なお話は、学生たちにとって非常に強い励み動機付けとなったようです。

八尾市議会会場を見学

 その後、八尾市役所10階にある八尾市議会会場の見学を行いました。市議会事務局の方から、議場の紹介・八尾市議会の構成・議案審議の仕組みについての紹介を受けました。
 昨年2月、本学は八尾市と包括協定、八尾市議会と地域連携の覚書を締結しています。こうした地元自治体との強い協力関係も礎にして、今後も学生たちの学びを深めていきたいと考えています。

このページを他の人と共有する