トピックス TOPICS

キャリア 2014.10.22

業界研究セミナー始まる!第1回「業界研究入門」を開催

 キャリア支援課では、就職活動、そして将来の進路選択に備え、職業・業界理解を深めるための「業界研究セミナー」をスタートさせました。
 全5回のシリーズ開催となるこのセミナー、第1回目は10月20日(月)、株式会社毎日放送人事局キャリア推進部長の大谷邦郎氏を講師にお招きして「業界研究入門」を開催しました。
 その1時間半は、笑いあり、緊張感ありの充実のひと時でした。一貫したコンセプトは「笑顔の重要性」。就職活動はもちろん、コミュニケーションにおいてこれがいかに重要かということを、具体例や根拠を色々な角度から示し、テンポよく解説していきます。
 様々な数値データによって新規学卒者就職活動状況の厳しい現実を明確に示しながら、だからこそ大切な事は何なのか。リズム抜群の軽快なトーク、突然飛び出すジョーク。教室全体がみるみるうちに、明るく楽しい一体感に包まれていきます。笑顔が生み出す力を、参加者は皆体感できたと思います。

業界研究はなぜ大切か

 そもそも、業界研究は、なぜ大切なのでしょうか。
 皆さんは、好きな人ができると、その人のことをもっと知りたくなりますよね。好きな趣味をリサーチしたり、相手と合う話題を探したり…実は就職活動も全く同じ。つまり、就職したいと思うなら、その会社を深く知ることは不可欠なのです。そう、業界研究で最も重要なのは「知りたい!」という強い気持ち。このことを、皆が良く知っている企業の名前の由来などの具体例から、クイズを交えて笑いたっぷりに解き明かしていきます。
 大谷氏は言います。「人前で話すのが下手でもいい。相手を知りたいという熱意と、伝えようとする「強い意志」。これがあればきちんとコミュニケーションができる」と。また、「失敗談こそ自分の強みになる。強みにするには、自分を一番よく知っている家族友人と沢山会話する。これが就職活動成功への近道だ」と。
 業界研究だけでなく、今後の人生そのものに大いに役立つヒント満載、笑顔と活気に溢れたセミナーでした。

 次回は10月23日(木)、第2回は「マスコミ業界」です。乞うご期待!

このページを他の人と共有する