トピックス TOPICS

教育研究 2014.08.07

共通教育科目「現代社会とビジネス」で「経営理念の重要性」について特別講義を実施

 共通教育科目「現代社会とビジネス」では、地元八尾市にある有限会社柳田製作所より専務取締役・柳田大介氏をゲストスピーカーとしてお招きし、「経営理念の重要性」をテーマにした特別講義を、7月22日(火)に八尾駅前キャンパス(オーバル)7階の701教室にて実施しました。
 はじめに自社の事業内容(特殊車両部品製造・組立、産業プラント製缶・組立)の紹介では、パワーポイントによる映像を使いながら、わかりやすく説明されました。
 続いて、自社で掲げている経営理念についてご紹介いただくとともに、そこに込められている意味合いを含め、そもそも経営理念とは何か、なぜそれが企業経営にとって必要なのかについて、太平洋(企業外部環境)に浮かぶ船(企業=企業内部環境)を例に、「理念」という目的地(目標)に向かって舵を切っていく上で、先の「ビジョン」と「方針」も一体となって必要になってくることなどを講義いただきました。
 さらに、その経営理念をベースとして取り組まれている内容について、地域貢献、人材育成、さらには、自社を取り巻く企業外部環境の大きな変化に対して、どのように向き合い、そして今後どのように対応していくのか(舵取り)について、お話しいただきました。

 学生のキャリア形成支援科目の1つとして開講されている「現代社会とビジネス」では、今後もさまざまな企業や団体の経営者、役員の方々をお招きして講義を展開していきます。

このページを他の人と共有する