トピックス TOPICS

教育研究 2014.08.07

共通教育科目「現代社会とビジネス」で「企業経営の変革の重要性」について特別講義を実施

 共通教育科目「現代社会とビジネス」では、地元八尾市にある株式会社トーヨーより専務取締役・成田信彦氏をゲストスピーカーとしてお招きし、「スチール家具業界の未来と期待する人材」をテーマにした特別講義を、7月15日(火)に八尾駅前キャンパス(オーバル)7階の701教室にて実施しました。
 はじめに自社の事業内容(スチール家具製品の製造)の紹介では、各工程の作業内容の映像や動画を使いながら、わかりやすく説明されました。動画には音声(機械音など)が含まれており、実際に工場で説明を受けているかのような臨場感あふれる形での講義となりました。
 続いて、未来の繁栄ある企業へとつなげていくために「変革」が求められるなかで、他の経営者との交流の中で育まれた刺激が原動力となって、品質・環境マネジメント活動などに一層力を入れ始めた結果、従業員の意識の高まりとともに、企業経営のさらなる前進へと寄与する結果につながってきていることについて、これまでの経営活動のエピソードを振り返りながらお話しいただきました。

 学生のキャリア形成支援科目の1つとして開講されている「現代社会とビジネス」では、今後もさまざまな企業や団体の経営者、役員の方々をお招きして講義を展開していきます。

このページを他の人と共有する