トピックス TOPICS

教育研究 2014.07.09

Class・Watching~製品開発プロジェクトに取り組む「BLP」履修生が八尾市長を表敬訪問~

 6月26日(木)、BLP(ビジネスリーダープログラム)履修生の経済学部・法学部両学部の2年生4名と経済学部3年生の1名の計5名が、大阪の企業と共同開発プロジェクトに取り組んだ「大阪いちじくプリン」の完成を報告するため、田中誠太八尾市長を表敬訪問しました。
 BLP(ビジネスリーダープログラム)は、リーディングカンパニーへの就職を目指す学生のために高度なビジネス知識、実践力を身に着けるために2012年度より始まったものです。PBL(Project Based Learning=課題解決型学習)を通じてビジネス理論をはじめとする知識や、現場で求められる様々な力を養成しています。
 ※学生たちがこれまで取り組んできた「大阪いちじくプリン」完成までの取組は、6月12日の記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください。

八尾市長より産学連携の推進についてアドバイスを頂く

 田中市長は表敬訪問以前に、すでにプリンを召し上がられており、「とてもおいしかった」との感想を頂きました。また、このような産学連携の取組みが発展し、地域活性化につなげられるようにしていきたいと述べられ、学生たちに向けて、市のインキュベーション施設や商店街の空き店舗などを利用してはどうかとアドバイスしてくださいました。
 社会で活躍する人材育成を目指すBLP(ビジネスリーダープログラム)では、産学連携など様々なチャンスを活かした高度のPBL(プロジェクトベースドラーニング:課題解決型学習)を通じて、ビジネスリーダーに必要とされる素養を身につけるための教育を、今後も展開していきます。

このページを他の人と共有する