トピックス TOPICS

教育研究 2014.06.17

共通教育科目「現代社会とビジネス」で「グローカル企業」について特別講義を実施

 共通教育科目「現代社会とビジネス」では、地元八尾市にある理化工業株式会社より代表取締役・森嶋勲氏をゲストスピーカーとしてお招きし、「海外進出、国内の展望、グローカル企業を目指す」をテーマにした特別講義を、6月10日(火)に八尾駅前キャンパス(オーバル)7階の701教室にて実施しました。

国内・地域と海外という両軸を機能させたものづくりの体制・考え方に挑戦

 理化工業は、長年、地域産業の担い手として金属部品の熱処理加工分野においてものづくりの基盤を支えてきましたが、近年のグローバル化の影響・流れが高まる中、国内体制においては、これまで培ってきた生産技術・体制をベースに新分野・新市場開拓への拡大展開を考える一方、海外での生産拠点づくりとしてタイ進出を実現し、国内・地域と海外という両軸を機能させたものづくりの体制・考え方に挑戦しています。
 今回の講義を通して、こうしたビジネス展開だけに限らず、世界の動向を注視しながら物事について考え判断していくことの大切さについて、考える機会を与えていただきました。
 学生のキャリア形成支援科目の1つとして開講されている「現代社会とビジネス」では、今後もさまざまな企業や団体の経営者、役員の方々をお招きして講義を展開していきます。

このページを他の人と共有する