トピックス TOPICS

教育研究 2013.11.14

法学部専門科目「21世紀日本の議会と行政」で元読売新聞社役員・森榮徹氏(本学客員教授)による特別講義を実施

 11月13日(水)、法学部専門科目「21世紀日本の議会と行政」では、元読売新聞社役員・森榮徹氏(本学客員教授)による特別講義を実施しました。この特別講義は 八尾駅前キャンパス[オーバル]のプレゼンテーション教室にて行われ、約30数名の履修生が、“政治とマスコミの関係”や“新聞における政治記事の読み方”について学びました。
 森榮客員教授は先日行われた堺市市長選(大阪府)や、大阪都構想に関する新聞各紙の解説や論評について、様々な新聞記事を提示して各社の取り上げ方を紹介しました。政治側の情報の出し方や、各党派の言動についてどのように報道したかを読み解いていくことで、政治記事の読み方について具体的な解説をしていただきました。
 また、新聞社勤務の経験を踏まえて、取材活動の様子や新聞が完成するまでの流れ、マスメディアと政治との関係や社会における役割などについても講義の中で解説頂きました。

このページを他の人と共有する