トピックス TOPICS

教育研究 2013.10.15

法学部専門科目「21世紀日本の議会と行政」で八尾市議会・八尾市役所を見学

 法学部専門科目「21世紀日本の議会と行政」では10月9日(水)、担当教員の西脇邦雄客員教授・伍躍法学部教授の引率のもと、八尾市議会・八尾市役所の学外見学を実施しました。

市議会会場を見学

 見学に参加した学生たちはまず八尾市役所1階ロビーにおいて、市民に行政サービスを提供する各窓口の概要について説明を受けました。その後、10階にある八尾市議会会場へ移動し、土井田隆行市議会議長より、八尾市議会を例に地方議会の役割についてご説明頂きました。土井田議長からは、将来を担う若者たちに対し、責任感と実力をさらに向上するよう、エールを頂きました。

 その後、八尾市議会事務局の小山登局長と議事政策課の山原孝英課長より、八尾市議会の構成と運営状況についてご紹介頂きました。

田中八尾市長と意見交換

 市議会会場の見学後は、田中誠太八尾市長を表敬訪問しました。田中市長からは、平成25年度の八尾市政の基本計画を説明頂き、環境保護やオスプレイの訓練問題、および地方自治体のあり方などについて、参加した学生との意見交換にも応じて頂きました。

地元自治体との連携を活かして

 今年2月14日、本学は「大阪経済法科大学と八尾市との包括連携に関する協定書」及び「大阪経済法科大学と八尾市議会との地域連携に関する覚書」を締結し、地元自治体・議会との強い連携・協力関係を構築しました。本学ではこうした関係を活かし、行政や政治の現場を知る機会を通じて、より一層学びを深める事ができるよう、今後も様々な教育活動を展開していきたいと考えています。

このページを他の人と共有する