トピックス TOPICS

教育研究 2013.06.26

法学部専門科目「21世紀日本の議会と行政」で森榮徹元読売新聞社役員による特別講義を実施

 6月16日(水)、法学部専門教育科目「21世紀日本の議会と行政」では、本学客員教授である森榮徹元読売新聞社役員が講師を務め、政治とマスコミの関係および新聞における政治関連記事の読み方についての特別講義を行いました。この特別講義は、本学八尾駅前キャンパス[オーバル]のプレゼンテーション教室にて行われました。
 森榮客員教授は最近、話題になっている八尾空港でのオスプレイ訓練受け入れ構想に関する問題について、新聞各社がどのように取り上げ、どのように解説を行い、どのように論評したか、ということについて、17の新聞記事を提示したうえで説明しました。
 また、提示した新聞記事を比較しながらその読み方を解説することを通じて、政治側による情報の出し方、一部の政治家が新聞を利用して自らの主張を社会に伝える際の語彙・言葉の使い方などについての分析を紹介しました。
 このほか講義の中では、取材をはじめとする新聞の作成方法や、ラジオやインターネットなどの様々なメディアを通じた情報発信についての話など、幅広い話題に触れられました。

このページを他の人と共有する