アジア太平洋研究センター

研究活動

公開講座「市民アカデミア」

本研究センターでは、毎年、一般市民を参加対象とした公開講座「市民アカデミア」を開催しています。「市民アカデミア」では、CAPPの基本的研究テーマ(平和、人権、人間の安全保障、多文化共生)に関連する社会問題を取り上げ、垣根のない「開かれた議論」を展開できる機会を設けています。専門家同士の議論ではなく、普段の生活感覚から地球規模の問題を一緒に考え、立場を超えた共通の知見をひらくことを目指しています。これまで全14回の「市民アカデミア」が開催されました。詳しくは下記リンク先まで。

アジア太平洋研究センター公開講座「市民アカデミア2016」受講生募集中

国際シンポジウム

本研究センターでは、国内外研究者による共同研究の一環として「国際シンポジウム」を開催しています。これまでに開催されたシンポジウムは次の通りです。

2003年度
CAPP設立記念国際シンポジウム
「アジア太平洋における平和と人権~ディアスポラを中心にして」(2004年2月25日)
2004年度
「移住者の人権と移住者コミュニティの安全-国際社会から見た日本の現状」(2005年2月28日)
2005年度
第二次世界大戦終結60周年記念シンポジウム
「21世紀の世界秩序とアジア太平洋の和解と共存」(2005年12月3・4日)
2006年度
「移住者の人権と多文化共生を目指して―アジアとアフリカのディアスポラの比較」(2007年2月24・25日)
2007年度
「Reconstructing Asianism Asia as a Matrix of Civilisational Projects」
(「文明プロジェクトの形成母体としてのアジア」)(2007年7月21日)
2008年度
「アジアにおける国際結婚移住者の市民権」(2009年9月23日)
「中印両国とアジアにおける平和発展の条件」(2009年9月24日)
2011年度
日中哲学シンポジウム「21世紀の思想的課題―転換期の価値意識」
(2011年9月16、17日、北京大学内国際会議場において、北京大学哲学系と共催)