お知らせ

お知らせ / 2020年

お知らせ一覧へ

2020.11.11

冬の到来に向けて感染拡大が懸念されます
新型コロナウイルス感染予防対策の徹底をお願いします

2020年11月11日
在学生の皆様

冬の到来に向けて感染拡大が懸念されます
新型コロナウイルス感染予防対策の徹底をお願いします

大阪経済法科大学 
学長 田畑 理一

 報道などで周知のとおり、新型コロナウイルス感染症は、秋の深まりとともに、急速に拡大傾向を示しています。大阪においても、8月上旬の再拡大のピークから10月上旬には50名前後に減少しましたが、10月下旬以降、再拡大の傾向が明確になり、直近では大阪府下の感染者数が200名を超えています。これから冬が到来し、気温・湿度の低下により感染が広がりやすい時期を迎える中、さらなる感染拡大が懸念されます。
 学生の皆さんには、感染予防のための様々な対策にご協力をいただき、対面授業を実施できていますが、下記のとおり、改めて感染予防対策の徹底をお願いします。感染予防には学生の皆さんの積極的な参加と協力が必要です。みんなで協力しあっていきましょう。


1.「秋学期の対面授業実施にあたっての感染予防対策について」及び「昼食時の感染予防対策について」を再確認し、必ず厳守してください。その概要は以下のとおりです。

(1)毎日の体調管理
 毎朝、検温し体調を確認し、「健康観察シート」を記入してください。大学に登校する際には、必ず「健康観察シート」を持参してください。
 発熱や咳など風邪の症状がある場合は、登校せず自宅で療養してください。症状が治まって48時間が経過してから登校することができます。
 また、同居の家族が感染した、濃厚接触者となった場合も、登校しないでください。その場合は、大学に連絡し、その指示に従ってください。

(2)登校時の検温とマスクの着用
 登校時の検温にご協力ください。これまでどおり、花岡キャンパスでは、スクールバス乗り場もしくは校門で、八尾駅前キャンパスでは建物入口で検温を実施します。
 登下校及びキャンパス滞在中は必ずマスクを着用してください。

(3)授業中の感染予防対策
① 教室に入る人数を制限し、間隔を空けた座席配置としています。座席指定をしていますので、必ず自分の座席に着席してください。
② 教室に入室・退室する際にはアルコール消毒液による手指の消毒をしてください。
③ 教室の出入口と窓を適宜開放し換気を行います。
④ 教室に入り自分の座席の机・イスをアルコール消毒液により消毒・除菌清掃してください。
⑤ 授業中は必ずマスクを着用してください。演習など対話・討論する場合には、マスクとともにフェイスシールドも着用してください。

(4)キャンパス滞在中の感染予防対策
 キャンパス滞在中は、こまめに石鹸による手洗い、アルコール消毒液による消毒を行ってください。キャンパスの利用シーンに合わせた感染予防は以下のとおり行ってください。

① 窓口・事務所にはアクリル板など飛沫防止のパーティションを設置しています。窓口での密集・密接を避けるため、入室の制限や経路の指示、人との距離の確保を行いますので、ご協力ください。
② 図書館やPC教室を使用する際には、使用の前後にPC、キーボード、マウス等を消毒してください。
③ キャンパス内で飲食をする際には、どうしてもマスクを外す必要があり、飛沫感染の危険が高まります。飛沫防止のアクリル板を設置していますが、食事中は会話を控えてください。また、友人と食事を分け合う、回し飲みする、食器やコップを共有するなどは絶対にしないでください。

(5)新型コロナウイルス接触確認アプリ等の活用
 厚生労働省が開発した「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」をダウンロードし、活用してください。


2.学外での感染予防行動等について

(1)飲食店等を利用する際の注意事項
○ 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会では、「感染リスクが高まる5つの場面」として、①飲酒を伴う懇親会、②大人数や長時間に及ぶ飲食、③マスクなしでの会話、④狭い空間での共同生活、⑤居場所の切り替わり(休憩時間など)が挙げられています。
○ これらを踏まえ、家族・親戚や友人と飲食店等を利用する際には、発熱や咳など体調不良の人はいないかをよく確認し、換気など感染予防対策がしっかりと行われている店を利用する、多人数(5人以上)の飲食は控える、大きな声や近距離での会話を避ける、食事の前後に手洗いやアルコール消毒を行うなど、感染予防行動を行ってください。

(2)インフルエンザ予防接種
○ インフルエンザの流行期を迎え、インフルエンザと新型コロナウイルスが同時に流行する「ツインデミック」も懸念されています。できる限り早期にインフルエンザの予防接種をすることを推奨します。(本学教職員はインフルエンザの予防接種を原則義務化しています)

以上