お知らせ

お知らせ / 2013年

お知らせ一覧へ

2013.04.04

第43回入学式を挙行、新入生・ご父母・ご来賓など1200名が参加

 4月3日(水)、新入生、ご父母、御来賓など合計1200名が参加する中、第43回入学式が総合体育館「尚淑館」で挙行されました。

20130404_2013nyugakushiki01.jpg 20130404_2013nyugakushiki02.jpg

 入学式では、新入生を代表して、経済学部・法学部代表の各1名から宣誓文が朗読されました。経済学部入学生代表の蓬野未歩さんは、「経済学部で現代の社会状況や経済活動について理解を深め、的確な判断力を身につけ、グローバル化する現代社会の課題に創造的に対応できる人材へと成長していきたいと思います。」と自らの決意を宣誓しました。

 新入生からの宣誓を受け、藤本和貴夫学長は式辞で、「大学は自ら努力する皆さんにとっては、あらゆる可能性が開かれているところです。その可能性を実際に可能とするのは皆さんのチャレンジ精神に基づく努力です。私たちは全力で皆さんの学生生活をバックアップすることを約束します。」と新入生への歓迎の言葉を述べました。(※学長式辞前文へリンク)引き続き、田中誠太八尾市長からの祝辞(山本裕三八尾市副市長代読)と大野義信八尾市議会副議長からの祝辞が述べられました。

 在学生代表挨拶は、法学部4年生の石谷将太さんから行われました。石谷さんは、外国のロースクールに進学するという自らの目標を述べ、新入生に対して、「夢や目標を持てば、必ず壁にぶつかり落ち込むときが来るでしょう。それでも、あきらめずに努力し続け、その夢をつかみ取ってください。本当にだめだと思ったところからもう一歩だけ頑張ってみてください。」とエールを送りました。

 式終了後は、新入生父母教育懇談会、学生生活オリエンテーションの開催とあわせて、在学生による新入生歓迎イベントやクラブ勧誘が行われ、新入生が大学生活の第一歩を踏み出しました。