お知らせ

お知らせ / 2012年

お知らせ一覧へ

2012.11.29

「大学演習B」で税務講演会を実施、八尾税務署副署長の講演を会計専門職志望の経済学部生が聴講

 11月27日(火)、1年生対象の初年次教育ゼミである「大学演習」では、八尾税務署より鈴木康弘副署長をお招きして、税務講演会(租税教室)を開催しました。今回の講演会は、税を考える週間(11月11日~17日)にちなみ実施されたもので、経済学部E01・E02クラス(会計専門職クラス)所属学生が受講しました。
 「税の役割と税務署の仕事」と題した講演では、国税の組織や税金の種類といった税に関する基本的な仕組みを説明していただきました。また、教育にどれだけの税金が投入されているのかを具体的な金額を交えて解説していただき、学生たちは普段意識することの少ない"税が私たちの生活を支えてくれている"ということを実感をもって理解しながら、講演に耳を傾けていました。
20121127_sozeikyoshitsu.jpg また、講演の中では"宝くじの当選金は課税?非課税?""ノーベル賞の賞金は課税?非課税?"など、クイズ形式での解説や、電子商取引に関する調査を行う専門官を紹介する動画「無申告は許さない その収入、申告の義務があります!~情報技術専門官の仕事~」が放映され、興味関心をもって国税の仕組みの理解を深めました。
 最後に難関国家公務員試験のひとつである国税専門官が紹介され、参加した会計専門職志望の学生たちにとっては、これから会計を専門的に勉強するにあたって、大変有意義な時間となりました。