お知らせ

お知らせ / 2012年

お知らせ一覧へ

2012.07.19

鈴木宗男前衆議院議員が共通教育科目「現代日本の議会と行政」で特別講演

 7月18日(水)、本学八尾駅前キャンパス[オーバル]にて、新党大地代表・鈴木宗男前衆議院議員による特別講義が行われました。この特別講義は共通教育科目「現代日本の議会と行政」の一環として行われたもので、鈴木氏には「国会議員の役割と活動」をテーマに講義を行っていただきました。

20120718_suzukimuneo1.jpg  20120718_suzukimuneo2.jpg

 講義では、エリツィン元ロシア大統領と橋本龍太郎元総理大臣の間で行われていた領土問題交渉などのエピソードを織り交ぜながら、議員として深く携わっていた日露交流や北方領土問題や、国会議員の政治活動・外交交渉の実態について詳しい解説を頂きました。また、家族や友人との絆の大切さ、そして人生における目標や目的を定め、その実現を目指して地道に努力することの重要性を語り、学生たちにエールを送っていただきました。

 特別講義は同科目の受講生のほか、本学の教職員や一般学生、市民・報道関係者の方々など多数の方々が聴講。著名な政治家によるエネルギッシュな講義に強い刺激を受けた様子でした。

 このほか当日は、今回の特別講義にちなんで、鈴木宗男氏の2009年度衆議院議員選挙での選挙活動の様子を追ったドキュメンタリー映画「ムネオイズム2.0~愛と狂騒の13日間~」(監督/金子遊)の上映会も行われました。