お知らせ

お知らせ / 2012年

お知らせ一覧へ

2012.07.05

元大阪府副知事・梶本徳彦客員教授による特別講義「地方公務員の役割と機能」を実施

 教養部講義科目「現代日本の議会と行政」では、元大阪府副知事の梶本徳彦客員教授による特別講義「地方公務員の役割と機能」を実施しました。この特別講義は7月4日(水)に本学八尾駅前キャンパス[オーバル]のプレゼンテーション教室にて行われました。

20120704_gyosei_tokumoto1.jpg  20120704_gyosei_tokumoto2.jpg

 梶本客員教授は、まず東日本大震災の惨状や被災地で活躍していたボランティアを映像で紹介し、被災者支援やライフライン復旧、行政・消防・防災の機能回復に至るまでの様々な場面における、公務員の役割の重要性について解説されました。また講義の中では、日本の公務員組織と運営の特徴、公務員に求められる能力・資質、形成・実施・評価などの政策過程における公務員の役割などについても説明されました。

 「現代日本の議会と行政」では、今後も議会や行政の現場で活躍する政治家や公務員による講義を計画しています。7月18日(水)には、新党大地の鈴木宗男代表をお招きして講義を実施する予定です。