お知らせ

お知らせ / 2012年

お知らせ一覧へ

2012.07.02

学術交流講演会「阪神タイガースと吉本と大阪経済」を開催しました

  6月28日(木)、"阪神タイガース優勝の経済効果"や"金環食の経済効果"等の試算でも著名な関西大学会計専門職大学院教授・宮本勝浩教授を講師にお迎えし、学術交流講演会「阪神タイガースと吉本と大阪経済」を開催しました(会場:八尾駅前キャンパス[オーバル]、主催:地域総合研究所)。

20120628_gakujutsukouen_miyamoto1.jpg  20120628_gakujutsukouen_miyamoto2.jpg  

 講演で宮本教授は、大阪経済の長期停滞の原因として「人・物・金・情報の東京への一局集中」や「人口減少と高齢化」などを挙げ、その理由を個別に解説されました。その上で「おもしろい!やってみなはれ!」という言葉を用いて、大阪人がかつて持っていた独創的なアイデアとチャレンジ精神の重要性と、これを取り戻すことが経済活性化の鍵であると指摘され、サントリーの新商品(ビール)開発や吉本新喜劇の東京進出の経緯等を事例として上げられました。

 当日は学生や地域住民の方々など約90名以上が参加されました。地元大阪の活性化がテーマということもあり、皆さん熱心に聴講されている姿が印象的でした。