お知らせ

お知らせ / 2012年

お知らせ一覧へ

2012.06.13

共通教育科目「現代日本の議会と行政」で、武直樹大阪市会議員による特別講義を実施

 共通教育科目「現代日本の議会と行政」では、武直樹大阪市会議員をゲストスピーカーとしてお招きし、「地方議員の役割と機能」をテーマに特別講義を行いました。この特別講義は6月6日(水)、本学八尾駅前キャンパス[オーバル]のプレゼンテーション教室にて行われました。

20120613_TakeNaoki1.jpg  20120613_TakeNaoki2.jpg

 武議員からは、会派構成と本会議場での座席の決め方から、市政相談・陳情・イベント・勉強会・行政との交渉などの議員活動の中身に至るまで、詳しく解説していただきました。特に「原発稼働に関する市民投票条例案」を例に挙げ、議会における条例などの審議・制定のプロセスについて、具体的に紹介されました。また、大学で社会福祉学を専攻し、社会福祉協議会の職員を経て市会議員となった武直樹議員は市民活動支援・ボランティア活動支援などの重要性と、そうした活動に取り組む人々を「つなぐ」ことで、まちの課題を解決していく施策の重要性を強調されました。

 最後には武議員の提案で、約30数名の受講生はコミュニケーションゲームを行いました。今まで会話したことのない学生同士が名刺を交換し、お互いに「うれしいこと」と「腹がたったこと」を話すことを通じ、人間の「つながり」の大切さを感じる良い機会ともなりました。