お知らせ

お知らせ / 2012年

お知らせ一覧へ

2012.03.26

本学プレミアムホール「ガリオン」でユネスコ未来遺産運動第3回「プロジェクト未来遺産」登録証授与式を開催

 去る3月10日(土)、本学プレミアムホール「ガリオン」(クロノス3階)にて、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟の"未来遺産運動"第3回「プロジェクト未来遺産」登録証授与式が開催されました。

unesco_jusho.jpg
登録証を手にするニッポンバラタナゴ高安研究会・加納義彦代表理事(写真右)
 
 "未来遺産運動"は、「100年後の子どもたちに長い歴史と伝統のもとで豊かに培われてきた地域の文化・自然遺産を伝えるための運動」として実施されています。今回、「ニッポンバラタナゴを守る伝統的な溜池浄化法"ドビ流し"の継承」について、NPO法人ニッポンバラタナゴ高安研究会(大阪府八尾市)に対して登録証が授与されました。

 同研究会には本学学生環境研究グループECO~る∞KEIHOも参加しており、地域と大学が連携して、本学キャンパス内にある「ふれあい池」での『ドビ流し』を含め、ニッポンバラタナゴ(絶滅危惧ⅠA類)とドブガイ、ヨシノボリの保全活動に取り組んでいます。

 日本ユネスコ協会では、毎年10件の「プロジェクト未来遺産」登録を行い、第3回の今回、大阪では初の登録となりました。今回の未来遺産登録は誠によろこばしいことであり、本学は今後も地域の環境保全に寄与していく所存です。