お知らせ

お知らせ / 2012年

お知らせ一覧へ

2012.01.24

「大阪経済法科大学 × Intel 未来のキャンパスライフ提案プロジェクト」プレゼンテーション大会を開催

 1月21日(土)、八尾駅前キャンパス[オーバル]にて「大阪経済法科大学 × Intel 未来のキャンパスライフ提案プロジェクト」のプレゼンテーション大会が開催されました。

 このプロジェクトは、世界的半導体メーカー「インテル(Intel)」の協力のもと、大学や高校での新しいICT(情報通信技術)の活用方法を提案するもので、本学は「ICT特別演習」を受講している経済学部3年生17名が、2011年秋から調査・企画などに取り組み、今回の大会に臨みました。

intel-jol_1.jpg IMG_2994.JPG
 大会には、共にプロジェクトに取り組んだ女子高校生のライフデザインマガジン「JOL」メンバーの女子高校生6名も参加。普段の生活の中で不便に感じたことなどを土台として、大学生活にICTをどのように活かせるかについて、チーム単位で審査員を務めるIntel社員の方々にプレゼンを行いました。
 <本学学生の発表テーマ>

   「携帯電話向けポータルアプリケーションELSA」
   「進化する学生証~学園の頂点を目指せ!~」
   「ICカードにもっと多くの利便性を!」
   「スクールログ(ライフログ=生活記録=をベースとした学生生活に関する情報の記録)」
   「未来予想図(ウェアラブルコンピューティング技術の活用)」

 企業担当者に向けて直接プレゼンを行うという初めての経験に、学生たちは緊張した様子を見せていましたが、無事に発表を終えると「貴重な経験ができた」など、達成感にあふれた表情でこれまでの取り組みを振り返っていました。

 Intelの社員の方々からは「学生たちの様々な提案にとても良い刺激を受けた一日でした。(八尾駅前キャンパスの)大変素晴らしい環境を活かした、大学におけるICT活用について、今後も一緒に取り組める事があれば協力したい」とのコメントを頂くと共に、優れた提案を行った大学生・高校生の各1チームに対して記念品が贈呈されました。

 本学では今後もICTを活用した教育の推進に取り組むほか、今回のプロジェクトのような産学連携による実践的な学びの機会を増やしていきたいと考えております。

 なお、今回のプレゼンテーション大会の模様は「未来のキャンパスライフ提案プロジェクト」Webサイトでも後日詳しくご紹介する予定です。