お知らせ

お知らせ / 2011年

お知らせ一覧へ

2011.04.19

「大阪東信用金庫寄付講義」を開講しました。

 

sinkin2.jpg 4月12日より、寄付講義「経済学特論(地域金融論)」の講義が始まりました。この講義は、本学が大阪東信用金庫と2011年3月31日に締結した「大阪経済法科大学と大阪東信用金庫との連携協力協定」に基づいて開講されたもので、春学期末まで継続して行われます。

 

 リーマンショック以降の世界的な金融危機を契機に、中小企業を取り巻く環境が大きく変動しています。このような経済環境の中、日本を支える中小企業、それを支える信用金庫の役割・存在意義が強くなっています。本講義の内容は、中小企業の街、八尾市に本拠を置く大阪東信用金庫の職員の方々を講師に招き、現場の具体事例を中心に、信用金庫の概要や歴史、役割から始まり、リレーションシップバンキングにおける、創業・新事業支援、経営改善、産学連携から、信用金庫の具体的業務など多岐にわたることになります。4月19日には、嶋直志専務理事が「信用金庫の役割」のテーマで講義されました。

 

 信用金庫が提供する寄付講義は全国でも少なく、特色ある地域密着型金融の講義によって、教育を通じた地域との連携の活性化が期待されます。