お知らせ

お知らせ / 2010年

お知らせ一覧へ

2010.07.29

梅木香奈選手(法学部・4年生)が、藤本学長に第7回世界大学空手道選手権大会の報告を行いました。

DSC_0141.JPG

 7月29日(木)、第7回世界大学空手道選手権大会(モンテネグロ国・7/15~7/18)に日本代表の一員として参加した梅木香奈選手(法学部・4年)が、藤本和貴夫学長に同大会の戦績報告を行いました。
 学長会議室では、梅木選手から日本代表選手団の全体戦績とともに、自身の試合内容や現地での生活等について報告が行われました。同席した橋本久空手道部顧問(法学部教授)及び肥後茂空手道部副顧問(就職課職員)からは、厳しい練習によく耐え、結果を残してくれた梅木選手をはじめ空手道部の部員たちを誇りに思うと、労いと賞賛の言葉が述べられました。
 藤本学長からは、初めての海外での試合にも関わらず、大舞台で自身の実力を存分に発揮した梅木選手の活躍が称えられ、今後のさらなる飛躍を期待していると激励の言葉が贈られました。


■第7回世界大学空手道選手権大会結果
 個人戦・女子組手(68㎏級) 第3位
 団体戦・女子組手(中堅)    第2位