お知らせ

お知らせ / 2009年

お知らせ一覧へ

2009.11.19

2009年度法学部公開シンポジウム「岐路に立つ地方分権」を開催します。


 2009年衆議院総選挙の結果を受けて、民主党を主体とした連立政権が新たに成立し、地方分権が大きな課題として取り上げられています。今回のシンポジウムでは、地方分権改革をめぐる動向を明らかにするとともに、住民の立場に立って、地方自治を守り、発展させる「真の地方分権」のためには何が必要かを検討するため、公開シンポジウム「岐路に立つ地方分権」を下記の要領で開催します。

 興味のある方は是非ご参加ください。

□開催日時 : 2009年11月26日(木) 午後1時30分~午後5時

□基調講演 :白藤博行氏(専修大学法学部教授)
     「地方分権改革の今とこれから」
      岡田知弘氏(京都大学院経済学研究科教授)
     「道州制で地域はどうなるのか」

□パネリスト:森池豊武氏(市民オンブズマン兵庫・西宮市議会議員) 
       深尾健造氏(NPO法人都市文化創造機構研究員)
 コーディネーター/
       形野清貴氏(大阪経済法科大学法学部教授)

□会   場 : 八尾市文化会館(プリズムホール) 小ホール
       (近鉄八尾駅下車徒歩5分)

□定   員 : 100名(参加費無料)

□主   催 : 大阪経済法科大学

□お問い合せ・お申し込み : 大阪経済法科大学 庶務課
住所・氏名・年齢・職業を明記のうえ、Eメールsyomu@keiho-u.ac.jp宛または、ハガキ・FAXでお申し込み下さい。

電話:072-941-8211(代表) FAX:072-941-4426