お知らせ

お知らせ / 2008年

お知らせ一覧へ

2008.06.06

カンザス州立エンポリア大学代表団が来学

  emporia.jpg

藤本和貴夫学長(左)とMichael R.Laneエンポリア大学学長(右)

 

 6月5日(水)、本学交流協定校のひとつであるアメリカ・カンザス州立エンポリア大学代表団が、本学を訪問しました。
 
 1863年にカンザス州エンポリア市に創立されたエンポリア大学は、教育、教養、ビジネス、図書・情報マネジメントの分野で学部から博士課程までを有する総合大学で、現在4,400名の学生と世界40ヶ国以上から350名の留学生が在籍しています。

 当日代表団一行は、理事長・学長表敬訪問をはじめ、キャンパス見学や英語授業への飛び入り参加などを行い、本学への関心をより一層深めていました。本学は、エンポリア大学にとって日本での初の交流協定校であり、今後の活発な学生交流及び良好な関係が期待されます。