お知らせ

お知らせ / 2008年

お知らせ一覧へ

2008.05.23

法学会主催 「日本の青空」上映会を開催しました。

 5月22日(木)、午後3時30分と6時から、八尾プリズムホールで映画「日本の青空」の上映会が開催され、約270名の学生・教職員が映画鑑賞を行いました。

 この映画は、GHQ(※)の憲法草案に大きな影響を与えた憲法研究会「憲法草案要綱」の作成で、中心的な役割を果たした憲法学者・鈴木安蔵と日本国憲法の誕生を描いたものです。

 上映会終了後、「平和と女性の権利は車の両輪であることをあらためて確認できた。」、「占領下に押しつけられた憲法だと思っていたけれど、日本人自身が作ったものが、その下敷きとなっていたことを知ることができた。」など、学生たちから多くの意見・感想が寄せられていました。

※GHQ(General Headquarters)
 連合国最高司令官総司令部。1945年(昭和20)アメリカ政府が設置した対日占領政策の実施機関。52年講和条約発効とともに廃止。