お知らせ

お知らせ / 2008年

お知らせ一覧へ

2008.04.16

公開講座「地域生活と法-刑事事件と裁判員制度-」がスタート

hou.jpg4月16日(水)、公開講座「地域生活と法-刑事事件と裁判員制度-」がスタートしました。

 第1回目は、山口健一弁護士(法学部客員教授・元大阪弁護士会副会長)の「刑事弁護人の仕事~和歌山カレー毒物混入事件を担当して~」と題するテーマで講義が行われました。

 今回の講義では、和歌山カレー毒物混入事件の弁護活動について具体的な内容に及び、さらには山口県光市母子殺害事件(4月22日判決予定)・鹿児島県志布志市選挙違反事件などにも触れながら、現代の刑事裁判が有する重要な課題を説かれ、2009年5月21日から始まる裁判員制度についても言及されました。

 会場となった5100号教室では、多くの市民と学生たちがともに聴講し、終了後の質疑でも裁判員制度について熱心に質問を寄せる姿が見られました。

 この公開講座は、毎週水曜日10時40分~12時10分に5100号教室で開催されます。次回は、4月23日(水)、山口昌之弁護士の「オヤジ狩り事件」と題したテーマで行われます。

□公開講座開催日程
 
スケジュール