お知らせ

お知らせ / 2008年

お知らせ一覧へ

2008.01.31

FD・SD研修「学生理解と援助の基礎」を開催しました。

mikawa.jpg 1月30日(水)、本学初年次教育の要である大学演習の運営及び学生への修学支援の充実を目的に、「学生理解と援助の基礎」と題したFD・SD研修が6500号教室で開催されました。

 今回の研修には、三川俊樹氏(追手門学院大学心理学部教授、カウンセリング心理学)を講師として迎え、近年の学生の心の変化や大学に求められるキャリア教育・キャリア支援などについて、講演をいただきました。

 講演では、学生理解と援助のために必要な要素として、コミュニケーション、カウンセリング、コーディネーション、コンサルテーション、コラボレーションの5つのCo(英語表記にした場合の頭文字)が紹介され、その中でも特に教員と職員の信頼・協力関係を構築するコラボレーションが重要であると力説されていました。

 本学では、今後も学生の成長を支える教育システムのさらなる発展・充実を目的としたFD・SDの取り組みを積極的に推進していきます。