大阪経済法科大学

ホーム > 大阪経済法科大学国際部ブログ > セミナーの日々 9 2011 ~舞台は上海へ... ~

大阪経済法科大学国際部ブログ

セミナーの日々 9 2011 ~舞台は上海へ... ~
[2011年08月28日(日)]

 セミナーの舞台は、いよいよエピローグともいえる上海へ。

 大阪と上海の気候は、とてもよく似ていて、蒸し暑さも同様ですicon:sunicon:sweat

 上海プログラムが始まったということは、セミナー終了まで残すところあと3日になった、ということです。参加者たちの口からは、すでに、「もう少しセミナーの期間がながければいいのに~、セミナーで出会った友人たちと別れたくないよぉ~」といった、セミナーの終了を惜しむ声が聞こえてきます。

  さて、上海プログラムの1日目には、復旦大学にて最後の基調講演と復旦及び台湾の学生によるプレゼンテーションがありました。

 基調講演は、 復旦大学国際関係公共問題学院准教授 陳 雲先生が担当し、「On the Foundation of Security Issue for the EAST ASIAN Community:The EU case and the Okinawa Plan~東アジア共同体の安全保障:EUの事例と沖縄構想」というタイトルで行われました。基本主旨は、東アジア共同体などの地域統合構想の現実的可能性を、EU(欧州連合)の事例及び沖縄構想を参考にしながら、考える内容という内容です。

 基調講演は、①何のための共同体か、②地域共同体形成の必要性と地域共同体構築の可能性、③東アジア共同体にむけての3つの構成内容というアウトラインで進み、これと関連して、欧州諸国の安全保障確立に関する事例、東アジア共同体構想とともに論じられる沖縄構想などの事例が紹介されました。各国の学生にとっても非常に理解しやすい内容となっており、その後の質疑にも、全員が積極的に参加していました。

 午後からは、復旦学生と台湾大学の学生によるプレゼンテーションがありました。大学の紹介に始まり、それぞれのとってのTPPの意義などに関する発表で、同問題に身近なところから切り込むなど、大変興味深いものでした。同時に進行したディスカッションで、その理解をさらに深めることができました。

 

①上海プログラム~基調講演~

 

kicyoukouenn.JPG②上海プログラム~学生プレゼンテーション~復旦大学

 

 

学生プレゼンテーション復旦大学.JPG③上海プログラム~学生プレゼンテーション~復旦大学

 

学生プレゼンテーション復旦大学2.JPG④上海プログラム~学生プレゼンテーション~台湾

 

  学生プレゼンテーション台湾.JPG

 

国際学生交流セミナー2011 参加者ブログ更新中

下のURLから入っていただき、セミナー参加者たちの現在の心境や情報など、参加学生たちの勇姿を随時更新中。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://ameblo.jp/kei-hou-summer-seminar/

 

 

  

 

 

 

 

  

 

Insert Emoddy tag

プロフィール

国際部プロフィール
さまざまな海外プログラムや国際交流事業を実施する国際部事務室内には、「学生交流室」も併設しています。留学や海外事情に関する資料を見たり、本学に在籍する留学生との交換語学学習である「ボランティア語学講座」も受講できます。また、学外活動である「異文化交流行事」では、見学旅行や体験学習を通じて学生の交流を促進しています。何か新しい環境や体験を求めている学生は、是非、積極的に学生交流室及び国際部を活用してみてはどうでしょうか。国際部スタッフ一同、みなさんの来室をお待ちしています。
  • 検索
カレンダー
  • 学長ブログ
  • CAPPのブログ
  • ニュース