大阪経済法科大学

ホーム > 大阪経済法科大学国際部ブログ > 一人ではない、ということ。

大阪経済法科大学国際部ブログ

一人ではない、ということ。
[2011年03月19日(土)]

2011年3月11日午後2時46分ごろ、三陸沖を震源に国内観測史上最大のM9.0の地震が発生しました。地震国である、と言われている日本ですら、これまで経験したことのない大きな揺れと予想をはるかに超える大津波に襲われ、さらに火災や原発事故の影響により、広範囲で甚大な被害がでています。

亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げ、一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

震災が報じられて以降、本学にも海外の協定校、友人たちから温かい激励とお見舞いが、連日届いています。Faxや、メールなど、形あるものとして届いただけでも、9か国・地域の30以上の海外教育・研究機関に上ります。これに、事務所の電話や、スタッフの携帯電話などにかかって来た電話を加えると、その数は、数えきれません。

ありがとうございます。大阪は平穏です。皆さまの温かい友情に感謝します。

 

海外での報道を見ると、日本全体が危ない、という内容が目立ちます。何が本当であるのか、しっかり見極める必要があります。一方で、留学生のご両親や、出身学校などからは安否確認の連絡も来ています。

大丈夫です。震災発生の翌日には、本学に在籍する留学生、全員の安全が確認できました。

 

そんな中、昨日、本学の卒業式がありました。

45人の留学生たちが本学から巣立って行きました。入学以来、一人の退学者も出さなかった学生たちです。その顔は、明るく、希望に満ちていました。

頑張ってください。君たちの人生が、より輝きを増すことを祈ります。

 

誰もが「一人ではない」ということです。

支えて、支えられて、生きていくのだ、ということを強く思っています。

ありがとう。大丈夫です。そして... すべてを乗り越えて、がんばろう!

 

※このたびの大震災発生を受けて、3月12日に、国際部事務所に義援金募金箱を設置しました。

集めた義援金は、日本赤十字社を通じて、被災された方々にお届けする予定です。

 

 


 

 

Insert Emoddy tag

プロフィール

国際部プロフィール
さまざまな海外プログラムや国際交流事業を実施する国際部事務室内には、「学生交流室」も併設しています。留学や海外事情に関する資料を見たり、本学に在籍する留学生との交換語学学習である「ボランティア語学講座」も受講できます。また、学外活動である「異文化交流行事」では、見学旅行や体験学習を通じて学生の交流を促進しています。何か新しい環境や体験を求めている学生は、是非、積極的に学生交流室及び国際部を活用してみてはどうでしょうか。国際部スタッフ一同、みなさんの来室をお待ちしています。
  • 検索
カレンダー
  • 学長ブログ
  • CAPPのブログ
  • ニュース