大阪経済法科大学

ホーム > 大阪経済法科大学国際部ブログ > 国際部の風景③ ‐日常の彼方‐

大阪経済法科大学国際部ブログ

国際部の風景③ ‐日常の彼方‐
[2010年11月10日(水)]

2010年も残すところあとわずかです。icon:xmas_haticon:kadomatsu

国際部の業務の多くは、「他の人たちが休んでいる間」が最も忙しくなりますicon:sweaticon:sweat

少し、遅い感じはしますが、今年の「繁忙期」icon:body_run_away_righticon:body_run_away_leftについて書きましょう。

今年に夏から秋にかけても、色々なことがありました。

今、机上のコンピュータに向かいながら、さっと思いつくだけでも...

 

国際学生交流セミナー、留学生の派遣と交換留学生の受入、タラス・シェフチェンコ記念キエフ国立大学(ウクライナ)との協定締結などなどicon:school

キエフ大.jpg

キエフ大学の写真です。

本学の藤本学長と岩村学長補佐が、キエフを訪問し、協定に調印しましたicon:pencil

 

さて、話は変わりますが、大学の国際業務に従事している人たちには共通の「悩み」がある、とよく耳にします。いわゆる、業界話ですicon:moon。 国際業務、留学生業務に関しては、学内外から「好きでやっている」と思われている、ということです。表現を変えると、「まあ、道楽でやっている」と思われている、ということですicon:face_shout

...

...

...

なので、ここは開き直りましょうicon:face_mischievous

好きで何が悪い?とicon:face_embarrassed

(もちろん「道楽」などではなく、立派な仕事ですけど...icon:face_mischievous

 

好きか嫌いかは別にして、私たち国際部は、仕事に誇りを持っています。

長時間の勤務、学生との果てしない対話...、そのすべてを支えるのは、この仕事に対するプライドですicon:face_sparkling_smile

icon:mark_diamond学生、とくに本学で学ぶ留学生との間に信頼関係を築き、絶対に学校辞めさせない。彼ら、彼女らの人生が、より輝きを増すよう、異国の地で学ぶ彼ら・彼女らを支えることが私たちの仕事ですicon:heart

20101027認証式 071.JPG

 

icon:mark_clover海外での学習と生活を体験してもらうことで、彼ら・彼女らの人生がより素晴らしいものとなり、日本の国際化が進み、よりよき社会となるよう力を尽くすことが私たちの仕事ですicon:hearts

seminar

志は高く、道遥かです。

しかしながら、私たちが身を置く日常は、具体的な問題、悩み、しがらみに満ち溢れています。

道を失い、溺れてしまいそうな日常や押しつぶされてしまいそうな苦悩の中で、私たちが目指す「高み」へと私たちを誘い、導くものは、学生たちの成長と笑顔ですicon:face_smile

今年の夏も秋も、たくさんの笑顔に出会いました。

この笑顔こそが、国際部の原風景ですicon:mountain

Seminar.jpg

 

 

 

 

 

 

Insert Emoddy tag

プロフィール

国際部プロフィール
さまざまな海外プログラムや国際交流事業を実施する国際部事務室内には、「学生交流室」も併設しています。留学や海外事情に関する資料を見たり、本学に在籍する留学生との交換語学学習である「ボランティア語学講座」も受講できます。また、学外活動である「異文化交流行事」では、見学旅行や体験学習を通じて学生の交流を促進しています。何か新しい環境や体験を求めている学生は、是非、積極的に学生交流室及び国際部を活用してみてはどうでしょうか。国際部スタッフ一同、みなさんの来室をお待ちしています。
  • 検索
カレンダー
  • 学長ブログ
  • CAPPのブログ
  • ニュース