大阪経済法科大学

ホーム > 大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター(CAPP)ブログ > 2010年度の研究センター会議がおこなわれました

大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター(CAPP)ブログ

2010年度の研究センター会議がおこなわれました
[2010年06月15日(火)]

さる5月29日(土)、毎年恒例の大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター(CAPP)の「研究センター会議」が開催されました。

IMG_2153.jpg
武者小路公秀所長による開会の挨拶

開会挨拶で武者小路所長は、CAPPを「アジール Asyl」(避難所)にたとえ、社会のなかで居場所をもちづらい研究に、活動の場を与える研究機関でありたい、と抱負を語りました。続いて、塩原良和・客員研究員を議長に選出し、議事を進行させました。2009年度の事業報告の後、2010年度の事業計画が報告され、満場一致で承認されました。

IMG_2156.jpg
2009年度事業報告の様子

報告を聞きながら、研究会活動や、国際的研究プロジェクト、市民アカデミア、科研費プロジェクトなど、CAPPの活動がいかに活発か、あらためて実感させられた会議でした。閉会後の懇親会にも、多くの客員研究員の方に参加していただき、今年度の会議も盛況のうちに終えることができました。

IMG_2186.jpg
大会議室にて懇親会

なお、当日は、<第二部>として、CAPP主催の研究報告会が行なわれ、岡本雅享・客員研究員と、鈴木江理子・客員研究員に研究発表をしていただきました。こちらの模様も、後日、CAPPブログにて報告させていただきます。

CAPP・WEB広報

 

プロフィール

「本学の東京麻布台セミナーハウスを活動拠点として、人権、平和、人間の安全保障、多文化共生を主要なテーマに多彩な研究活動を展開しています。
(写真:スタッフ愛用のメジャー、「まいなーくん」。こう見えてもCm/Inch 両用の優れもの)」
  • 検索
カレンダー
  • 学長ブログ
  • 国際部のブログ
  • ニュース