大阪経済法科大学

ホーム > 大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター(CAPP)ブログ > ジョン・パッカー氏(英エセックス大学教授、同大学人権センター所長)の講演会が開催されました

大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター(CAPP)ブログ

ジョン・パッカー氏(英エセックス大学教授、同大学人権センター所長)の講演会が開催されました
[2010年02月19日(金)]

さる1月11日(月)、エセックス大学教授・同大学人権センター所長のジョン・パッカー(John Packer)氏の来日を機に、CAPP主催で講演会が行われました。

パッカー氏は、カナダ出身で、国連人権高等弁務官事務所(UNHCHR)の人権監視員や、欧州安全保障機構(OSCE)高等弁務官事務所のディレクターなども歴任された、国際人権・平和分野のスペシャリスト。多くの参加者が集まり、この講演会にたいする関心の高さがうかがえました。


IMG_1629.jpg
ジョン・パッカー氏(左)と武者小路CAPP所長(右)

パッカー氏の講演の題目は、「人権と国際平和の現代的課題 Contemporary Challenges for Human Rights and International Peace」。また、エセックス大学人権センター研究員の藤田早苗氏による、国際金融機関についての報告もあわせて行われました。

IMG_1620.jpg
「日本やカナダやイギリスが、先頭に立って人権概念を実践していかなければならない」
と訴えるパッカー氏

パッカー氏は、講演のなかで、国際平和と人権の関係について整理しつつ、国際関係において「人権」という概念がもつ意義と、その実践の必要性を強調されていました。これを受け、参加者も交えた討論では、「人権」と、平和維持や国益などの諸価値が、鋭い緊張関係を示している、9.11事件以降のアフガニスタンをめぐる状況に、話題が集まりました。

IMG_1615.jpg  IMG_1640.jpg

当日は、スケジュールがきびしく、議論をつくすには時間が足りませんでしたが、平和と人権の問題について、根本的なところから問い直す、貴重な機会を与えていただきました。


CAPP WEB広報

 

プロフィール

「本学の東京麻布台セミナーハウスを活動拠点として、人権、平和、人間の安全保障、多文化共生を主要なテーマに多彩な研究活動を展開しています。
(写真:スタッフ愛用のメジャー、「まいなーくん」。こう見えてもCm/Inch 両用の優れもの)」
  • 検索
カレンダー
  • 学長ブログ
  • 国際部のブログ
  • ニュース