教職課程

教える素晴らしさを実感し、資質を磨く。

本学では、経済学部経済学科及び法学部法律学科において、中学校教諭一種免許状(社会)、高等学校教諭一種免許状(地理歴史)、高等学校教諭一種免許状(公民)を取得できる教職課程を開設しています。また、教職課程演習室を設置するなど、各種サポートも充実。さらに、学校ボランティアや学校インターンシップに参加し、教育の現場を体験できます。

大阪経済法科大学で取得可能な免許状 中学校教諭一種免許状(社会) 高等学校教諭一種免許状(地理歴史) 高等学校教諭一種免許状(公民) 取得可能な学科 経済学部/経済学科 法学部/法律学科

学校インターンシップ・学校ボランティア

八尾市・東大阪市の小・中学校で「教員の仕事」を体験する。

学校インターンシップでは、八尾市や東大阪市の小・中学校での学習支援活動を実施。また、学校ボランティアでは、約3カ月間にわたって週1回子どもたちの学習などをサポートします。近年の教員採用試験では学校での活動経験を確認される傾向が強く、教員をめざす学生の参加を勧めています。

卒業生インタビュー

法学部 4年生
大阪教育大学大学院教育学研究科合格
石川県立金沢錦丘高校出身
川原 絢子さん

障がいを持つ子どもたちを支えられる教師となるために。

~大学院に進学して特別支援学校教諭をめざす~

教職課程は1年生から履修していましたが、最初は教員より法律専門職に憧れていました。転機は、特別支援学校での実習。障がいを持つ子どもたちと実際にふれあうなかで、私は「この子たちの力になりたい」と感じたのです。自分でいろいろ調べて、障がい児教育の専門知識を持つ教員が不足していることや、そうした教員をめざす上での専門教育が受けられる大学院があることを知り、進学を決意。本学の教職課程では前例がないにもかかわらず、先生は参考書選びや受験対策について、親身に相談に応じてくれました。おかげで大阪教育大学大学院教育学研究科の特別支援教育専攻に合格。さらに学習を重ね、それを現場で子どもたちのために活かせる教員になりたいと思います。

※学年、掲載内容は取材当時のものです。



学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス