トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 地域産業特論
   Special Lecture on Regional Industries
授業科目区分
専門科目・応用経済学科目群・地域経済関連領域科目群
担当者 鎌倉 健(教授)
テーマ 地域産業の空洞化対策を考える
キーワード 産業の空洞化,内発的発展,地域産業政策,競争と協調のネットワーク,サスティナビリティ(持続可能性),中小企業と主体形成
開講年度
2017
開講時期
後期
配当年次
修士1・2
単位数
2
授業の目的及び概要 本講義では、産業空洞化とかかわり大都市圏における産業集積を対象に、集積のメカニズムとその構造変化について分析する理論と方法を講述する。そして現実の産業集積が縮小傾向にあるもとで、集積メリットおよびデメリットが、どのように変化しているかという視点を踏まえつつ、今後の地域産業政策のあり方についても講述する。その際、必要に応じて外部講師、たとえば地域の企業経営者を招聘し、自社の経営と地域との関係性を中心に講演をしていただく。
また本講義の内容は、修士論文を執筆するうえで基本的な知識となる地域産業にかかわる理論や方法論に加え、地域・自治体レベルにおける地域産業やまちづくり政策等を考究する際、必要となる知識を修得させる。
さらに、地域の実態を把握する調査手法(企業・団体ヒアリングやアンケート)等体験型学修等を通して、受講生が複眼的多角的な視点をもちながら、同時に激動する現代社会において国際的にも地域的にも即戦力として対応できる、グローカルな人材となることを目的とする。
学修の到達目標 本講義では、経済学の応用領域の地域経済・産業に関わる科目であるため、
①大学院での学修に不可欠な経済学の理論や方法等専門的知識の学修を踏まえつつ、地域産業をめぐる理論と方法等専門的な知識を修得させる。
②変化の激しい現代社会が直面する経済的諸問題に対して、とりわけ産業集積のメカニズムと構造、そして産業の空洞化と再生をめぐる方策を考究できる能力を身に付ける。
③現実の地域産業・経済をめぐる構造変化と直面する諸課題等についてフィールドワークによる体験型学修等により調査・整理・分析する能力を身に付ける。
こうした学修を通じて、激動する現代社会において、受講生がグローバルに活躍することはもとより地域的にも活躍できる、より実践的なスキルを身に付けることを到達目標とする。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 本講義は、経済学の応用領域である地域経済・産業に関する科目の一環として、
①グローバル化・複雑化する経済現象の分析方法としての理論的、実証的および歴史的アプローチを踏まえながら(DP1)、地域の視点から地域産業にかかわる専門的な知識を修得させる。
②大学院での学修に必要な経済学に関する高度の専門知識を備え、現代社会が直面する経済的諸問題に対して解決の方策を提案する能力を身に付けるとともに(DP2)、地域経済学の知識を理解し、現実の地域産業・経済をめぐる構造や特性および諸課題をフィールドワークによる体験型学修を通じて、調査・整理・分析する能力を身に付ける。
③さらに、地域産業・経済が直面する再生の課題に対して、具体的な政策立案ができる能力(政策立案能力)を身に付けることをめざす。
授業の方法 講義形式に加えてフィールドワーク等による体験型学修を含めた事例研究等を通じて、双方向型のアクティブラーニングを可能な限り追求する。また学期末にはレポートを提出させる。なお、授業の理解度を高めるために、適宜、質疑応答等フィードバックする場を別途、設ける。
授業外の学修(予習・復習等) 授業計画で毎回取りあげられるテーマと内容を確認し事前に予習するとともに、授業後は指摘された問題点や課題または議論した内容等について復習し、自らの研究活動に結び付け、旺盛な学修を継続すること。
教科書・参考書 教科書:特に指定しない
参考書:鎌倉健『産業集積の地域経済論』(勁草書房、2002年)
    渡辺幸男『現代日本の産業集積研究』(慶應義塾大学出版会、2011年)
評価方法及び判定基準 評価方法:授業時の問題演習(40%)、期末レポート(60%)
判定基準は以下の通りである。
 秀:90点以上、優:80点以上、良:70点以上、可:60点以上、不可:60点未満


第1回 ガイダンス

本講義の概要と進め方について説明する

第2回 地域産業調査の方法と地域産業分析

地域産業の特性や構造およびその変化等を、フィールドワークを通じて分析・把握するために不可欠となる、地域産業分析法について具体的事例をもとに考察する

第3回 大都市圏における産業集積の構造変化(1)

大阪大都市圏における産業集積の構造変化と地域的課題について考える

第4回 大都市圏における産業集積の構造変化(2)

東京および名古屋大都市圏における産業集積の構造変化と地域的課題について考える

第5回 地方圏における産業集積の構造変化

伝統産業や地場産業地域における集積構造の変化と地域的課題について考える

第6回 外部講師による講演

産官学連携の一環として大阪中小企業家同友会から講師を招聘し、講演会を行う

第7回 サード・イタリア

専門化中小企業の地域的ネットワークによる地域経済発展について考える

第8回 アメリカ・シリコンバレー

最先端の技術開発にかかわり大学と企業および起業の関係について考える

第9回 産業集積の理論(1)

A.マーシャルの産業集積論について検討する

第10回 産業集積の理論(2)

ピオリ.セーブルの産業集積論について検討する

第11回 産業集積の理論(3)

A.サクセニアンとM.E.ポーターの理論について検討する

第12回 産業集積と地域産業政策(1)

産業集積活性化法とその政策展開について検討する

第13回 産業集積と地域産業政策(2)

産業クラスター政策の現状と課題について検討する

第14回 地域産業調査及び地域産業分析の成果を報告

フィールドワークによる地域産業調査および地域産業分析の成果を報告する

第15回 総括

本講義のまとめを行う