トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 ミクロ経済学特論Ⅰ
   Special Lecture on Microeconomics Ⅰ
授業科目区分
専門科目・経済理論科目群
担当者 朱 東平(教授)
テーマ 経済主体の意思決定と競争均衡
キーワード 消費者行動,生産者行動,競争均衡,厚生
開講年度
2017
開講時期
前期
配当年次
修士1・2
単位数
2
授業の目的及び概要  ミクロ経済学は、家計や企業など、個々の経済主体の行動に着目し、効率的な資源配分を追求・研究する学問である。
 本講義では、消費者(家計)の理論、生産者(企業)の理論、市場均衡、一般均衡など、ミクロ経済学における各分野の理解と、それを数学的分析によって表現するための手法について講義を行う。
 本講義の内容は、修士論文を執筆する上で重要な知識となるほか、国際経済特論、経済政策特論、産業組織特論等の講義科目を受講するためにも必要な知識であり、確実に理解することが望まれる。
学修の到達目標  本講義は、経済学研究にとって重要な知識を提供することを目標とする。本講義は、大学院における学修に必要となるレベルのミクロ経済学の知識を理解し、現実の経済において企業の戦略や政府の政策が及ぼす影響について研究するための分析力を修得させる。
 
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  この科目は、経済学研究科経済学専攻の専門科目である。
 この科目は、卒業認定・学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当する。

2. 経済学に関する高度の専門知識を備え、現代社会が直面する経済的諸問題に対して解決の方策を提案する能力を修得している。

 また、この科目の位置づけ、学位授与方針との関係等については、履修要項「教育課程の編成・実施の方針」及び「履修指導と履修モデル」を参照してください。
授業の方法  講義形式を基本とするが、問題演習やディスカッションも行う。小テストについては採点した上で返却する。学期末には、レポートを提出させる。
授業外の学修(予習・復習等)  授業計画で毎回取りあげられるテーマと内容を確認し事前に予習するとともに、授業後は復習し、知識・技能の定着に努めること。また、授業で出す宿題を含め予習や復習には各々最低でも2時間以上をかけること。
教科書・参考書 教科書:
 講義中に指示する。
参考書:
 下記の参考書を授業と並行して読んでください。
 Andreu Mas-Colell, Michael D. Whinston, and Jerry R. Green (1995), Microeconomic Theory, Oxford University Press.
評価方法及び判定基準 評価方法:授業時の問題演習(40%)、期末レポート(60%)
判定基準は以下の通りである。
秀:90点以上、優:80点以上、良:70点以上、可:60点以上、不可:60点未満


第1回 ガイダンス

授業の概要を説明する。

第2回 消費者行動の理論(1)

予算制約と効用最大化について説明する。

第3回 消費者行動の理論(2)

需要関数と補償需要関数について説明する。

第4回 消費者行動の理論(3)

代替効果、所得効果とスルツキー方程式について説明する。

第5回 生産者行動の理論(1)

最適化の行動について説明する。

第6回 生産者行動の理論(2)

費用関数について説明する。

第7回 生産者行動の理論(3)

生産関数について説明する。

第8回 市場均衡(1)

財市場の均衡について説明する。

第9回 市場均衡(2)

生産要素市場の均衡について説明する。

第10回 市場均衡(3)

均衡の安定性について説明する。

第11回 一般均衡(1)

純粋交換について説明する。

第12回 一般均衡(2)

生産と交換について説明する。

第13回 一般均衡(3)

均衡の安定性と一意性について説明する。

第14回 厚生経済学

パレート最適性について説明する。

第15回 まとめ

授業全体の総括を行う。