トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 哲学概説Ⅰ 〈哲学概論A〉
   Principles of Philosophy A
授業科目区分
教職課程科目・教科に関する科目
担当者 渡邉 浩一(准教授)
グレード
テーマ 哲学の歴史と課題――古代・近代・現代
キーワード 西洋哲学史,古代哲学,近代哲学,現代哲学
開講年度
2018
開講時期
配当年次
経済学部・法学部2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要  西洋哲学史上の代表的な哲学者について基本的知識を身に付け、彼らの問題を内側から理解すること。また、古代哲学と近代哲学の特徴を全体として感じ取り、そのうえで現代を生きるわれわれにとっての哲学的課題を自ら問い尋ねてゆくこと。それがこの授業の目的です。
 授業はプラトン、アリストテレス、デカルト、カント等の原典翻訳に即して進められますが、受講生には、なじみのない固有名詞や難解な概念・論証を単に情報としてインプットすることにとどまらず、哲学者たちの思考を追体験することで自分自身の思考のなかに血肉化することが期待されます。
履修条件 特にありません。ただし、教員の免許状(中学校「社会」及び高等学校「公民」)取得希望者には、「哲学概説Ⅱ〈哲学概論B〉」「倫理学概説Ⅰ・Ⅱ〈倫理学概論A・B〉」もあわせて履修することを推奨します。
科目の位置づけ(DPとの関連) 教員の免許状(中学校「社会」及び高等学校「公民」)取得のための教科に関する専門科目です。
学修の到達目標 1)西洋哲学史上の代表的な哲学者について、固有名詞とその鍵概念を知り、その内容について説明できる
2)古代哲学と近代哲学について、それぞれの特徴と相互の差異を俯瞰的に把握し、それを論述できる
3)以上1)2)を踏まえつつ、現代の哲学的課題を自分なりに把握し、アプローチの仕方を提案できる
授業の方法 講義と演習を交えた形の授業です。
・教材はワークシート・引用資料(毎回配布)を用います。
・授業はスライドと板書を併用します。
・適宜、アンケート・質疑・討論・ペアワークなどを行います。
・提出物は原則として次の回の授業冒頭に返却します。
・配布物はLearning Portalにもアップします。
授業外の学修(予習・復習等) 毎回、次の回のテーマに関連した簡単な予習課題を出します。予習内容は授業の最後に発表します(授業後、当該スライドをLearning Portalにアップします)。
テキスト・参考書 テキスト
 藤田正勝(2015)『理解しやすい倫理 新課程版』文英堂

参考書
 授業時に適宜紹介します。
成績評価の基準・方法 1)毎回の課題への取り組み(60%)
2)期末試験(40%)
この科目の履修にあたって
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 イントロダクション

哲学とは何か

第2回 古代哲学概観

ディオゲネス・ラエルティオス『ギリシア哲学者列伝』と自然哲学

第3回 古代哲学(1)

プラトン『パイドン』とイデア論

第4回 古代哲学(2)

アリストテレス『形而上学』と哲学の体系

第5回 古代哲学(3)

アウグスティヌス『三位一体論』とキリスト教

第6回 近代哲学概観

コペルニクス『天球回転論』と科学革命

第7回 近代哲学(1)

デカルト『方法序説』およびベーコン『ノヴム・オルガヌム』と学問の方法

第8回 近代哲学(2)

スピノザ『エチカ』およびライプニッツ『人間知性新論』と大陸合理論

第9回 近代哲学(3)

ロック『人間知性論』およびヒューム『人間本性論』と英国経験論

第10回 近代哲学(4)

カント『純粋理性批判』と形而上学

第11回 現代哲学の方へ

コント『実証哲学講義』とフランス革命

第12回 現代哲学(1)

ウィリアム・ジェームズ『プラグマティズム』から考える

第13回 現代哲学(2)

ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』から考える

第14回 現代哲学(3)

サルトル『実存主義とは何か』から考える

第15回 まとめ

哲学の歴史と課題