トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 人文地理学Ⅱ 〈人文地理学B〉
   Human Geography B
授業科目区分
教職課程科目・教科に関する科目
担当者 安倉 良二(講師)
グレード
テーマ 「人文地理学の基本的な見方-都市地域を中心に-」
キーワード 都市,都市圏,都市化,住宅,オフィス,工業,商店街,大型店
開講年度
2018
開講時期
配当年次
経済学部・法学部1・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要  この授業は,中学校の社会科,高校の地理歴史科の主要科目である「地理」を教えるに際して不可欠な人文地理学の基本的な見方について,具体的なトピックの紹介を通じて学びます。とりわけ,後期は都市をめぐる地理学的なトピックを取り上げます。
履修条件 特にありません。
科目の位置づけ(DPとの関連)  中学校の「社会」,高校の「地理歴史」の教員免許取得に際して不可欠な強化に関する専門科目として位置づけます。
学修の到達目標  この授業を受講することによって学生は,以下の能力を身につけることができます。
1.毎回提供するレジュメならびにインターネット上にある地図や統計,写真の読み取り  を通じた地理的技能の習得
2.具体的なトピックを提示することによって,人文地理学で取り上げられている項目が  日常生活に密着していることを認識することができる
授業の方法  授業では,毎回基本項目の解説と関連した地図・統計・写真を盛り込んだレジュメを配布し,その内容に基づきながら進めます。ここでは,パワーポイントでの資料提示のほか,Google ストリートビューや地理院地図などインターネット上での地図サイトも積極的に活用します。ただし,分量が多くなるのでその点は留意してください。また,授業の最後に復習を兼ねてテーマに関する大学入試問題を解いてもらうことがあります。
授業外の学修(予習・復習等)  授業で取り上げられているテーマに関するニュースを新聞,テレビ,インターネットで収集することや,Google ストリートビュー,地理院地図などインターネット上での地図サイトをみることが,授業内容に興味を持ってもらう近道であると考えます。
テキスト・参考書  特定のテキスト・参考書は利用しません。ただし,レジュメの中で引用文献を紹介することがあります。レジュメでは,大学レベルの研究書のみならず高校地理の資料集も積極的に引用するつもりです。
成績評価の基準・方法  期末試験(70%):授業内容についての論述式の大問を5問用意し,問1は全員解答,問2~5までは2項目を選択解答してもらうことにします。なお,場合によっては授業で取り上げた図表の読み取り問題を含めることがあります。試験に際しては,用語を適切に使い,かつ意味の通った文章になっているのか否かを評価します。
積極的参加度(30%):授業終了時にコメントペーパーを配布し,授業内容について学生の関心をみます。身近なトピックも多く含まれていますので,気軽に記入して下さい。
この科目の履修にあたって 「地理」というと,地名や物産の暗記というイメージがありますが,ここで取り上げる都市の地理学は,きわめて身近な内容を扱いますので興味を持って受講して下さい。また,2022年には「地理総合」の名称で高校でも地理が必修化されます。地理的な見方は将来,教壇に立つに際しても不可欠になります。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 地理学における都市の定義-「平成の大合併」との関わりで-

 地理学で都市を学ぶ場合に基本となる概念を説明しつつ,行政上の都市(例えば,八尾市や東大阪市)と実質的な都市のズレについて「平成の大合併」と関連づけながら明らかにします。

第2回 都市の内部構造

 都市の「骨組み」に当たる項目を説明します。バージェスモデルに代表される古典的なモデルや日本の城下町など形態的にみた都市の特徴を明らかにします。

第3回 都市化の進展-土地利用からみた農村から都市への変容-

 ここでは,新旧の地形図や写真も活用しながら都市景観のとらえ方を説明します。

第4回 大都市圏-通勤・通学からみた大都市と郊外のつながり-

 よく耳にする「郊外」とはいかなる地域か。今後数回の講義で取り上げる郊外地域を考える導入として,『国勢調査報告』を活用しながら大都市圏の概念を示します。

第5回 都市居住(1)-戦前期の住宅開発-

 いわゆる大都市の郊外における住宅地開発は,第二次世界大戦前から行われていました。ここでは,その歴史について,鉄道の沿線開発を交えながら地理学の視点から説明します。

第6回 都市居住(2)-ニュータウンの今昔-

 郊外地域の象徴ともいわれた住宅地,とりわけ高度経済成長期に開発された千里や泉北などの「ニュータウン」がどのように形成され,どのような問題を抱えているのかについて検討します。

第7回 都市居住(3)-空き家問題-

 前回授業の続編に当たります。近年,郊外住宅地が抱える問題として,開発が古い住宅地における空き家問題が注目されています。ここでは,空き家が起きる要因やその現状と対策について,地理学の視点から説明します。

第8回 都市居住(4)-中心市街地におけるマンションの立地-

 近年,「人口の都心回帰」という言葉と共に,中心市街地におけるマンション立地が盛んになっています。ここでは,郊外の衰退とは表裏一体をなす中心市街地の居住をめぐる問題とその背景について,具体的な事例から明らかにします。

第9回 都市群システム-都市の階層性を読む-

 一口に都市と言っても,東京・大阪のような大都市から人口数万人程度の小都市まで様々です。ここでは,都市の階層性について「都市群システム」の概念を用い,オフィス立地や交通流動など具体的な指標を通じて検討を加えます。

第10回 都市問題-先進国と発展途上国-

 都市へ人が集まるとどのような問題が起きるのか。ここでは,先進国と発展途上国の都市開発によって生じるインナーシティの衰退やスラム,再開発など様々な問題について取り上げます。

第11回 工業(1)-自動車工場の立地-

 日本を代表する工業のひとつとして,自動車があげられます。ここでは,自動車を事例に近年のグローバル化と国内における自動車工場の立地変化について具体例をまじえながら明らかにします。

第12回 工業(2)-ウェーバーの工業立地論-

 ウェーバーの工業立地論は古典的ではありますが,工場立地のあり方を示す考えとして今なお重要です。ここでは,工業立地論の概説とそれに基づく現実の工場立地について検討します。

第13回 商業(1)-中心商店街の衰退とまちづくり-

 全国的に指摘されている「中心商店街のシャッター通り化」が都市商業に及ぼす影響をみると共に,商業活動の縮小を前提とした再生の動きを明らかにします。

第14回 商業(2)-コンビニエンスストアの立地-

 日常生活に欠かせなくなったコンビニの店舗立地がどのような形で広がったのか,またその現代的な役割について紹介します。

第15回 商業(3)-「フードデザート」問題とその対応策-

 最近,社会的関心が高いテーマのひとつである「買い物難民」現象は,地理学においても「フードデザート(食の砂漠)」問題として取り上げられてきました。ここでは,フードデザート問題の概説と実例,そしてその対応策を紹介します