トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 教育実習Ⅱ
   Teaching Practice Ⅱ
授業科目区分
教職課程科目・教職に関する科目
担当者 原 幸夫(講師)
グレード
テーマ 教育現場の実体験から学ぶ
キーワード 教育実習,研究授業,学習指導案,教材研究
開講年度
2017
開講時期
集中
配当年次
4
単位数
2

授業の目的及び概要  中学校の教員免許取得のために、中学・高等学校の教育現場において、実際に生徒に触れつつ、生徒理解の必要性を実感するとともに、教員の仕事や教育現場の「実際」を体験的に理解することを、目的とする。

 教育実習のプロセスとしては、実習校において、授業をはじめとした教育活動の「観察」とそれらへの「参加」の段階を経て、指導案の作成とそれに基づく授業を行うことで、授業や生徒指導などについて実体験していく。
履修条件 ・教職課程における諸科目の単位取得を経て、教育実践指導論(3年秋学期)の履修を
 経て、教育実践指導論(4年春学期)を履修中であること。
  教職課程の科目のうち教育原理、教育心理学、教科教育法のうち最低一科目の単位取得が、教育実習参加に必須である。
・教育実習を行う学校の「内諾」を得た者。
・教員免許取得のための単位取得が順調で在り、当該年度において教員免許取得が見込める者
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  教育職員免許法施行規則上、「教育実習」の区分に属する科目で、中学校の教員免許取得には必須のものである。これまでの教職課程の学修で培ったものを教育現場で実際に発揮して、教職に就くために必要な資質が何であるか、自らを省みて、確認する。
 特に、教育実習の事前準備としての「教職実践指導論」(3年次秋学期・4年次春学期履修)の履修は必須である。教育実習後の教職実践指導論の時間は、事後指導の役割も担っている。
学修の到達目標  ①教育実習を行うことで、授業や生徒指導などの実際を体験し、教育者に求められる資質を確認する。
 ②教育実習以前の教職課程において学修した知識・技能を実際の教育場面で活用し、教育実践に必要な知識・技能・態度を現実に即して習得する。
 ③教育実習と通じて、教職生活を経験することで、教職への意欲と使命感を自覚し、教員への志望を再確認するとともに、教員として成長すべき方向性や課題を発見・確認する。
授業の方法  教育現場において、様々な教育活動の「観察」、「参加」、「実習」の段階を経て、教育実習を行う。
 授業については、教材研究、指導案の作成を経て、授業を行う。
なお、実習中、指導教員から日々の指導・助言と実習日誌へのコメントが行われるので、それらを真摯かつ積極的に受け止めて実習に望むこと。
授業外の学修(予習・復習等)  教材研究、指導案の作成、授業の準備、実習日誌などの作成を行う。
テキスト・参考書  テキストは、特に定めない。適宜、紹介する。

 参考書:『中学校学習指導要領』、『高等学校学習指導要領』およびその『解説』、その他、授業実践に使用する文献・資料
成績評価の基準・方法  教育実習への取り組み(実習校からの評価を含む)、作成された学習指導案、実習日誌、事後指導での取り組み具合、などを勘案して、評価を行う。
履修上の注意事項など ・3年生の春から夏にかけて、教育実習受け入れの「内諾」を得ておくこと。
・3年秋学期、4年春学期の「教職実践演習」を履修すること。
・中学校普通免許状を取得するためには、「教育実習Ⅰ」の履修登録も合わせて必要であ る。
この科目の履修にあたって ・「内諾」取得に関するガイダンス、さらに教育実習のためのガイダンスには、そのつど 出席すること

・教育現場での生徒や教員との関わりを通して、実体験の中でこれまで学修したことを活 用し、現実に即した理解と学修を目指してほしい。

・実習校の指導にしたがい、真剣に取り組むこと。実習中は、現場教員と同様の社会的責 任が求められるので、教育実習生には、この社会的責任を自覚した言動と社会常識を踏 まえた行動が要求される。
   したがって、教員として不適格であると見なされた場合、教育実習の打ち切りや教育実習の評価が受けられないことがある。日頃の、本学教職員の指導やガイダンスを踏まえつつ、実習校の教職員の指導の下、真摯な態度で臨むことが必要である。
   
・教育者にふさわしい話し方、服装、態度を心がけること。
オフィスアワー


第1回 実習校でのガイダンス

 教育実習の意義と、実習生の持つべき心構えを踏まえ、実習校の組織や教育活動の概要を知る。

第2回 実習校の教育活動の「観察」

 実習校における生徒との接し方、服装、言葉遣いなど実習生にふさわしい行動について理解する。

第3回 実習校の「学年」の「在りよう」の観察

 実習校各学年の生徒の学校生活を観察する。

第4回 実習校の「学級」の「在りよう」の観察

  実習校担当学級の生徒の学校生活を観察する。

第5回 実習校の授業の観察

 指導教員の学習指導の進め方を参観し、学習指導上の工夫と生徒の反応について学ぶ。

第6回 授業の在り方の学習

 教材研究の方法、授業の構築について、授業の参観と「参加」から学び、学習指導案作成の参考とする。

第7回 授業の「参加」と教材研究

 指導教員の授業に「参加」しつつ、授業のための教材研究を行う。

第8回 授業の「参加」と学習指導案作成

  指導教員の授業に「参加」しつつ、学習指導案を作成する。

第9回 教材研究と学習指導案作成

 実習生が授業実習を行うための教材研究をさらに進めつつ、学習指導案作成について指導を受ける。

第10回 学習指導案作成と授業の準備

 指導に基づいて、学習指導案作成を続けるとともに、授業を行うための準備をする。

第11回 授業の準備と予行練習

 教材研究の内容をより深めるとともに、学習指導案をより練り上げ、授業の予行を行う。

第12回 学習指導案と授業計画の確定

 学習指導案を完成左折とともに、授業の進め方に習熟する。

第13回 授業実習

 実際に、実習生のみで1時間の授業を行う。

第14回 研究授業

 指導教員やその他の教員、実習生の参観のもとに授業を行う。

第15回 研究授業の振り返り

 指導教員やその他の教員、実習生などの参加の下に、研究授業の振り返りを行う。