トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 教育実践指導論(4年生)
   Study on Teaching Practice
授業科目区分
教職課程科目・教職に関する科目
担当者 原 幸夫(講師)
グレード
テーマ 教育実習を行うためのより実践的な力量形成と教育実習後の振り返り
キーワード 教育実習の意義,教育実習の振り返り,教育実習の心構え,教育実習の課題設定 ,学習指導案の作成,教師としての成長 ,教職員の協働,学校と地域の連携
開講年度
2018
開講時期
配当年次
経済学部・法学部4
単位数
2

授業の目的及び概要  この科目は、3年次の教育実践指導論と一体のものであり、教職関係科目で習得した理論や指導技術を教育実践的な視点から総合した教育実習のための力量形成をはかるものです。特に教育実習ガイダンスにおいては、教育実習の意義と目的、その基本的心構えを理解し、学校経営、教員の服務、校務分掌、学級経営、生活指導の内容を学習します。教育実習のための具体的な準備や実習日誌の記入などの実務についても理解します。教育実習前に、それまでの学修をふまえて自身の教育実習の達成課題を設定し、教育実習終了後は、その体験を丁寧にふり返って総括レポートを作成し、発表・交流によってその成果と課題を整理します。これらの事後学習は教職に対する意欲をさらに高めるとともに、生徒の成長にたいする温かいまなざしと教育者としての使命感を養うことにつながります。この科目の履修にあたっては、生徒の人格形成にかかわる教職の社会的使命をしっかりと自覚して、真摯な姿勢で受講することが求められます。
履修条件 教職課程履修者で、「教職実践指導論(3年生)」を履修した者。
科目の位置づけ(DPとの関連)  この科目は、教育職員免許状を取得するための教職課程の必修科目ですが、上記でのべたように教育実習のための事前学習としてその万全の準備をおこない、事後学習としてその総括と今後の課題を明らかにするものであり、3年秋学期の「教育実践指導論」と一体の「通年科目」として教育実習の参加にあたってこの科目を必ず履修しなければなりません。また教育現場での教育実習体験で得られた成果と課題に基づいて、秋学期の「教職実践演習」において研鑽を重ねていくことになります。
学修の到達目標  教育実習とは、教育現場で生徒と直接に接する教育活動を体験し、教員の仕事や学校経営、生徒の実態についての総合的な認識と理解を獲得するとともに、知識・理論・技術と実際の教育活動との相互関係を認識し、自身の実習課題をつかみ実践することです。教育実習を充実したものとするため、本科目の到達目標は以下の3点を設定しています。
①教育実習の意義と目的を十分に理解し、その責任を自覚したうえで意欲的に教育実習に参加することができる。
②教育実習における自身の達成課題を設定できる。
③教育実習体験を多面的な視点から総括し、レポート作成・発表・交流によって成果と今後の課題をあきらかにすることができる。
授業の方法  直前ガイダンスは講義中心となります。またすぐれた教育実践記録を紹介し、教科指導や教材研究、授業方法を実践的に習得することをめざします。教育実習終了後は各自総括レポートを作成・発表・交流します。次回に教員がまとめ・整理したものを確認しながら、それぞれの成果と今後の課題をあきらかにします。
授業外の学修(予習・復習等)  事前配布する諸資料を読んで設問や課題にとりくみ、次回の授業の予習をします。
テキスト・参考書  テキストは特に定めません。毎回、授業プリントを配布します。参考文献としては文部科学省の『中学校学習指導要領』『高等学校学習指導要領』を、そして『教育六法』を活用してください。また随時推薦図書を紹介しますから、積極的に読破してください。
成績評価の基準・方法  毎回の授業の感想文やレポート作成(30%)、模擬授業の準備、実施、合評後の自己分析(30%)、レポート試験(40%)など、意欲的な授業参加と多面的で真摯な考察を総合的に判断します。

この科目の履修にあたって  受講生の皆さんにとって、教職課程のなかで最も労力と集中力を注がねばならないものが教育実習であることは間違いありません。しかし、ハイライトとも感じられる経験である場合が多いのです。ほとんどの受講生が春学期の期間にそれぞれの母校で教育実習をおこない、2~3週間後に本学に帰ってきます。みなさん自身は気づかないのですが、みなさんの顔つきが以前と変わったことを伝えます。「学ぶ」立場でなく「教える」立場で、「自分の意志で判断して選択」し、「実践と省察」をくり返す体験をとおして「成長」するのです。生徒は全身で「新しい先生」を迎え、実習生はさまざまな場面での生徒の「反応」を感動的に、あるいは憔悴して経験します。こうして人間的ふれあいというかけがえのない貴重な体験が教育実習であり、人生の上でも大きな財産ともなります。有意義な教育実習にするために、事前準備と事後の振り返りを精一杯してほしいと思います。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 年間の授業計画と実習ガイダンス(1)

①春学期の授業予定と概要(春学期の3つの区分とその内容) 
②教育実習の目的と心構え(4つの目的、準備と心構え、実習校との連絡実務)
③教育実習のイメージ化(自身にとっての教育実習の課題を考える)

第2回 実習ガイダンス(2)

①学校の長い1日(教員の学校勤務の実際)
②学校経営と校務分掌(組織体としての学校とその実際)
③教職員、生徒との接し方(「教える立場」・指導をうける・学びあう・社会的常識)

第3回 実習ガイダンス(3)

①実習日誌の記録(書くことの意義、記入項目と記入方法、活用)
②実習期間中の過ごし方
③レポート課題(教育実習における達成課題を設定する)

第4回 学級担任指導(1)

①ホームルーム指導の実務(特別活動、基礎集団としてのホームルーム、ホームルーム活動の目標)
②「クラスづくり」の実践例(読み合わせと分析)

第5回 学級担任指導(2)

①ホームルーム指導の実務(学校行事の目的と意義、進め方、)
②学年担任団の役割(学年集団の指導と連携)
③保護者との連携(信頼と協力)
④課題(次回の学資遊指導案の目標、ねらいの設定)

第6回 教科指導研究(1)

①学習指導案の作成(中学社会・歴史的分野「現代の日本と世界」の単元の指導案作成)

第7回 教科指導研究(2)

①資料(文字・図・映像)の作成と使い方(PCを使用した教材の作成とプロジェクターによる活用)

第8回 教科指導研究(3)

①板書の作成・書き方
②地図の作成、活用方法

第9回 教育実習の総括(1)

教育実習の振り返り(受講生による教育実習の報告、受講生の質疑応答・討議) 

第10回 教育実習の総括(2)

教育実習の振り返り(受講生による教育実習の報告、受講生の質疑応答・討議)

第11回 教育実習の総括(3)

教育実習の振り返り(受講生による教育実習の報告、受講生の質疑応答・討議)

第12回 教育実習の総括(4)

教育実習の振り返り(受講生による教育実習の報告、受講生の質疑応答・討議)

第13回 教育実習の総括(5)

教育実習の振り返り(受講生による教育実習の報告、受講生の質疑応答・討議)

第14回 教育実習の総括(6)

教育実習の振り返り(受講生による教育実習の報告、受講生の質疑応答・討議)

第15回 教育実習総括のまとめ

①教育実習の成果と課題 ②教育実習をどう生かすか