トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 特別活動論
   Extra-Curricula Activities
授業科目区分
教職課程科目・教職に関する科目
担当者 谷岡 義高(講師)
グレード
テーマ 児童生徒の自立を支援する特別活動
キーワード ノートづくり,教育課程,課外指導,学習指導要領,基準性(法的拘束力),生きる力の育成,授業構成の3大要件,教材・教材化・教科書,新学力観,指導計画と授業づくり
開講年度
2017
開講時期
春・秋
配当年次
経済学部・法学部2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要  教職課程の専門的教養の一環として、この科目では、下記の事項を目的としてじゅぎょを行う。

<授業の目的及び概要>
①文部科学省の示す学習指導要領「特別活動」の目標と内容の理解をする。
②生徒が主体の「特別活動」の在り方について習得する。
③アクティブラーニングなどの学習形態を通して、教師のかかわり方について考える。
④基本的な授業の進め方、授業で大切にすべき環境などについて理解する。
⑤生きる力を培う、自律した学習の在り方について、実際の授業の場面から理解する。
履修条件 教職課程履修者
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 「教育職員免許法施行規則」上、「教育課程及び指導法に関する科目」の区分に属する科目であり、学習指導要領において、学校の教育活動の一「領域」を構成する「特別活動」について学習する科目である。
学修の到達目標 ①文部科学省の示す学習指導要領「特別活動」の目標と内容を理解する。
②教職に就いた時、教師として「特別活動の時間」を具体的に進める力を付ける。
③生徒がより主体的に活動を進める方法について、実際の授業の場面から理解を深める。
④授業研究の模擬的な場面を体験することで、現場の研究の進め方を身に付ける。
⑤板書の書き方、めあてやふりかえりのさせ方、独自の学習、相互の学習の仕方について、実際の授業内で体験し、その方法を身に付ける。
授業の方法 まず、小・中・高校の各段階に設定されている「特別活動」について、学校の教育活動全体の中での位置づけをしっかり認識する必要がある。その上で、特別活動の目標や内容、授業構成上の課題、その特質などの理解を図っていく。また、法的側面、他領域との関連性や歴史的変遷等の視点から、講義形式で解説したり、作業活動を取り入れたりして授業を展開していく。その中に、「資料調べ」、討議、コメントカード(確認テスト)の記入等を、適宜取り入れていくようにする。
本授業の全体を通して、「ノートづくり」を重点的な柱として求めていく。
使用するテキストとして、『中学校学習指導要領』、『高等学校学習指導要領』「中学校学習指導要領解説『特別活動編』」を利用して進める。
授業外の学修(予習・復習等) <予習について>
・事前に示したテキストを読む。
・配布資料を読んで、質問などを整理しておく。
<復習について>
・授業内に読み切れなかった配布参考資料を読む。
・ノートの整理をする。
テキスト・参考書 テキスト

『中学校学習指導要領解説 特別活動編』(平成20年9月あ)文部科学省教生(配布プリントとテキストを併用して授業を進めるので、テキストは必ず購入してください。)

参考書

『中学校学習指導要領』(文部科学省)、『高等学校学習指導要領』(文部科学省)
成績評価の基準・方法 「授業への積極的参加度」―30% 
「ノートづくり、提出物、コメントカードなど」―20%
「授業内レポート」―50%
履修上の注意事項など 学校の教育活動の「領域」としては、「教科」などその他の「領域」よりも多岐にわたる教育活動を含むため、履修者にとっては具体的なイメージを持ちにくい「領域」である。きちんと出席し、真摯に学習することが必要である。
この科目の履修にあたって 授業内のレポートやふりかえり(考察)などの提出が中心なので、授業に出席することが最重要である。
オフィスアワー


第1回 ガイダンス

授業計画と進め方。特別活動の概要。評価の方法。受講の心得。自己紹介。ノートづくり。現今の教育に関するトピックス・動向・マスコミ報道等。

第2回 特活の位置づけ①

特別活動の必要性。法的裏付け。小・中・高の教育課程(カリキュラム)。学校教育法施行規則(抄)。

第3回 特活の位置づけ②

小・中・高の教育課程(カリキュラム)の領域構成。年間授業時数。特活の指導時間数。授業の構成要件と教材。教材と教科書の意味。

第4回 授業実践と学習指導要領

授業とは。学習指導要領とは。授業の本質・意義。授業実践と学習指導要領。特活の目標・内容・方法と学習指導要領。

第5回 学習指導要領と特活の指導

小・中・高校の「章立て」の比較。学習指導要領の構成内容。総則。各教科。道徳。外国語活動。総合的な学習の時間。特別活動。特活の位置の再確認。中学校学習指導要領「第5章」の記述形式・内容。

第6回 生きる力の育成と特活の使命

学習指導要領改訂の意味。学校教育の使命と課題。時代の風。これからの教育の基本方針。学校の現状と課題。教育改革。生きる力の育成。PISA学力調査。

第7回 新しい学力観と授業づくり

学力とは。学力観の変容。新学力観と授業の変貌。新学力観と授業づくり。自己学習力を育てる授業展開。指導と評価の考え方。

第8回 特活の目標①

中学校学習指導要領「総則」を読む。授業における目標の位置。特活の総括目標の分析。総括目標の各文節の趣旨。

第9回 特活の目標②

各文節の意味と意義。小・中・高校の総括目標の比較。特活の特質と意義(まとめ)。

第10回 特活の指導計画①

教材と教科書。指導内容の選定。素材の教材化。小・中・高校の内容の差異と共通点。特活と部活。課外活動と生徒指導・生活指導・進路指導。

第11回 特活の指導計画②

内容の区分と構成事項。指導実際と指導時間の確保。特活の授業づくり。自主的・主体的な活動の生み出し方。

第12回 中・高校のクラブ、部活の扱われ方

特活と部活。クラブや部活のあり方。その位置づけの変遷。資料(事例)読みとディスカッション。

第13回 特別活動の年間計画

特別活動の年間計画について考える。各学年の項目、また、その具体的な計画案について。

第14回 指導計画と模擬授業

指導計画作成と配慮事項。指導計画作成の3ステージ。模擬授業。指導計画と評価計画。評価の考え方と方法。

第15回 授業の総括

特活の成立根拠と法的根拠。特活に関連する法規定。学びの振り返り(自己評価)。授業の総括(まとめ)。