トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 道徳教育の指導法
   Teaching Methods of Moral Education
授業科目区分
教職課程科目・教職に関する科目
担当者 塩見 剛一(講師)
グレード
テーマ 学校教育における「道徳の時間」および「特別の教科 道徳」での授業実践について理解し、指導方法の基礎を身につける。
キーワード 道徳教育,倫理,学習指導要領
開講年度
2017
開講時期
配当年次
経済学部・法学部2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 本講義では、社会生活を営む人間が不可避的に遭遇する規範である道徳について、いかに学ばれ、教えられるのかを考察する。学校教育における道徳の指導にかかわる科目であるため、「道徳の時間」および「特別の教科・道徳」を要として、各教育領域でおこなわれる道徳教育の指導方法など、現在の学習指導要領および今後の教科化を見据えた道徳教育の実践について理解することを授業内容の中心に据える。そのうえでさらに道徳そのものである「道徳性」や「倫理」について、哲学的・倫理学的な視点からの考察を紹介し、道徳教育の歴史を振り返ることによって道徳、および「道徳を教育すること」に対する多様な考え方に触れる。それを踏まえて、今後の学校教育における道徳教育の変化について考える。
履修条件 教職課程履修者。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 教員免許状取得に必要な科目(中学校・教職に関する科目)
学修の到達目標 学校教育の一領域である「道徳教育」について、現行の学習指導要領に基づく学校道徳教育の基礎的な知識を得たうえで、道徳教育の実践にあたって必要な、指導方法の基本的理解と基礎的な実践力の獲得を授業の到達目標とする。
そのうえで、一元的な道徳理解にとどまらない、多様な道徳観に触れることで自らがこれまで意識することのなかった道徳への問いかけや、道徳に対する自己の一面的な思い込みに疑問をもち、道徳観の広がりを得ることを、より高次の到達目標とする。
授業の方法 講義による知識理解に加えて、適宜グループ活動等による協同的な考察をおこなう。
授業外の学修(予習・復習等) 適宜授業中に指示します。
テキスト・参考書 テキスト:広岡義之編著『新しい道徳教育-理論と実践-』ミネルヴァ書房、2009年。参考書:文部科学省『中学校学習指導要領解説 道徳編』2008年。

参考書:『中学校学習指導要領』
    『中学校学習指導要領解説 道徳編』
成績評価の基準・方法 受講態度および講義に取り組む姿勢(20%)
授業内の小レポート、提出課題、小テスト(40%)
授業中試験(40%)
履修上の注意事項など グループ活動および意見交換を取り入れますので、積極的な発言を心掛けてください。
この科目の履修にあたって 学校での道徳教育は従来の「道徳の時間」が「特別の教科 道徳」へと変更が決定し、その充実が求められています。それゆえ道徳の授業で用いられる「魅力的な教材」となる話題や、経験、書物などを今のうちから探すことができるとよいでしょう。一方で「道徳」は、ただ授業実践のためだけの題材ではなく、ひとりの教師、ひいてはひとりの人間としてのみずからの生き方にかかわります。それゆえ、ただ題材として客観的に捉えるだけでなく、自分にとって「道徳的」であるとはどういうことなのか、日々の暮らしのなかで主観的に省察し、道徳にかかわりながら「生きること」を実践していただければ、と考えています。
オフィスアワー


第1回 本講義のオリエンテーション

「学校教育における道徳教育とは」と「道徳とは何か、道徳教育とは何か」という二段階で道徳教育を考え、学ぶことについて  

第2回 現行の学習指導要領における道徳の改訂事項

「改正教育基本法」に即した学習指導要領における道徳教育の役割について

第3回 道徳教育の歴史的展開(1)戦前の道徳・修身科

学制~修身科の位置づけ

第4回 道徳教育の歴史的展開(2)戦後の道徳教育の変遷

特設道徳~「教科化」をめぐるこれまでの議論

第5回 子どもの道徳性の心理的発達

エリクソン・ピアジェの理論から道徳性の発達について考える

第6回 子どもの道徳性に伴う大人の道徳観について

道徳性の芽生え、「教育的雰囲気」について

第7回 道徳教育の目標

「教育の根本精神」にもとづく道徳教育の基本理念について

第8回 道徳教育の内容と内容項目

道徳的価値と4つの視点について  

第9回 道徳教育の全体計画と年間指導計画

内容と指導時期の明確化について

第10回 道徳の時間の特性

全面主義と特設主義について

第11回 道徳の時間の指導方法と評価

読み物資料、話し合い、数値化された評価との違いについて

第12回 道徳の指導案の実際

道徳指導の進め方、指導案の書き方について

第13回 道徳指導案の作成(演習)

各自の作成した指導案をグループ間で相互に論評する

第14回 道徳教育の今日的課題

道徳の教科化、世界の価値関係教育について

第15回 本講義のまとめ

これまでの授業の振り返りと理解度の確認をおこなう。