トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 教育方法論
   Methodology of Education
授業科目区分
教職課程科目・教職に関する科目
担当者 西口 利文(講師)
グレード
テーマ 教授=学習活動の理論的・実践的探究
キーワード 教育方法,授業設計,教育メディア,教育評価
開講年度
2017
開講時期
配当年次
経済学部・法学部2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 本授業では、教育科学の立場から提案されてきた主要な学習指導の理論について概説するとともに、教育方法の具体的なあり方について、受講者とともに検討していく。
履修条件 教職課程履修者であること
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 本科目は、全学を対象とした「教職課程科目・教職に関する科目」であり、教職免許を取得する際に求められる教職科目に位置づくものである。
この科目では、教育実習へ向けての教育学の基礎知識、教育方法と関わる実践的な知識、指導案の作成の基礎知識の獲得を主な内容とする。
履修する上で、他の教職科目もすでに受講し、教職の基礎基本について、前提知識があると、より効果的に学べる科目である。
教職科目の他の科目内容と連携しながら、なるべく重なりがないように、授業場面に焦点化して、その目標、内容、方法、評価について実践的な知識の習得を目指す。
学修の到達目標 教育の情報化の動きの中で、教育方法に期待されていることを理論的・実践的に学ぶとともに、子どもたちが教育内容に取り組む際にそれを支援する学習環境の在り方を、事例研究、カリキュラムデザインの実際を通して学びます。
この科目では、学習目標の到達のめやすは以下の3点である。
1.教育方法や授業設計・評価に関する基礎的な方法を知っている。
2.教育方法(ICTの活用を含む)に関する基礎的な事項や方法を知っている。
3.指導案の作成や分析を通して、実際の授業設計をする力を培う。
授業の方法 各授業回とも、概ね、授業時間を前半と後半に分けた2部構成となる。授業時間の前半では、主に配布する資料およびテキストを活用して、講義形式により各回のテーマに沿った、教育方法に関する専門知識を学ぶ。そして、授業時間の後半では、各回で扱うテーマに対して、各受講者が積極的に自分の考えを深めてそれを表現することができるように、適宜、グループディスカッションを実施する。
授業外の学修(予習・復習等) 適宜、課題を指示する。
テキスト・参考書 テキストは、「グループディスカッションのためのコミュニケーション演習」(ナカニシヤ出版,2015年,西口利文)を使用する。授業の中で参照したり、あるいはテキストに掲載の課題を行ったりするので、購入しておいてもらいたい。
また、適宜、資料を配布する。
成績評価の基準・方法 本講義の評価は、1)授業(ディスカッション)への積極的な参加度(20%)、2)レポート課題(複数)(40%)、3)試験(客観式)(40%)を通して判断する。

履修上の注意事項など 授業中の無用な私語など、他の受講者に迷惑をかける行為については毅然と対応する。授業期間内に、1回注意された場合は、当該回を欠席扱いし、2回注意された場合は「不可」とする。また、適宜、グループワークを実施するが、積極的参加がみられないのみならず、他の受講生の学びの機会を尊重しない態度がみられる場合には、成績評価に影響すると考えてもらいたい。
この科目の履修にあたって テキストを事前にひととおり読んでおくことが望ましい。また、自身が児童生徒の立場であったときに経験した教育方法について、振り返っておいてもらいたい。
オフィスアワー


第1回 オリエンテーション(現在の教育方法に関する課題)

本授業の概要について説明する。その上で,現在の学校における教育方法についての課題を考える。

第2回 教育方法としての「説明」

分かりやすい説明の方法について概説する。その上で,その内容を踏まえて,各自がより良い説明の方法について深く考えて,実践を行う。

第3回 学び合いの教育方法1

協同学習の理論について概説する。その上で,その内容を踏まえて,受講者が協同学習の考え方に基づく教育実践に参加しながらその特徴について考える。

第4回 学び合いの教育方法2

協同学習の考え方に基づく実践を支えるための具体的ないくつかの方法について概説する。その上で,協同学習の考え方に基づく新たな実践の取り組み方について検討し考察する。

第5回 探究を促す教育方法1

仮説実験授業について概説する。その上で,仮説実験授業の方法について,具体的な実践例から学習する。

第6回 探究を促す教育方法2

発見学習の考え方について概説する。その上で,知的好奇心を育む教材開発について検討する。

第7回 文章表現力を高める教育方法

BRD方式の理論と方法について概説する。その上で,実際にBRD方式の授業を受けることで,その特徴についての理解を深める。

第8回 生徒へのサポートを留意した教育方法

BRD方式の実践を通じて,ソーシャルサポート(励ましなどの情緒的サポート)やリフレーミングを留意した授業について検討する。

第9回 思考力,判断力,表現力を高める教育方法1

思考力,判断力,表現力を育む手法としての,賛否両論図を活用した授業について概説する。

第10回 思考力,判断力,表現力を高める教育方法2

賛否両論図を活用した授業を受けることで,その特徴についての理解を深める。

第11回 コミュニケーション能力を高める教育方法

コミュニケーション能力を高める手法としての,対人問題場面の事例検討を活用した授業について概説し,その特徴についての理解を深める。

第12回 動機づけを高める教育方法

教育方法と動機づけとの関連について,専門用語を交えて概説する。その上で,動機づけを高める授業方法について検討する。

第13回 情報機器を活用した教育方法

コンピュータおよびWebを効果的に活用した授業のあり方についての理解を深める。

第14回 教育方法に関する基礎知識

授業の「計画・実践・評価」,「導入・展開・まとめ」などについての概要についての理解を深める。

第15回 まとめ

これまでの講義を振り返る。学んだ成果を確認する。